子供達との日常

1歳娘の「自分でできる!」時期に突入したけど「自分でできない」ことはやっぱり多い訳なのであって

どうも!夫婦共働き子育て奮闘中のCUBEです

うちの娘ちゃんも1歳と10ヵ月になりました

子供の成長っていうのはやっぱり嬉しい!!今までできなかったことがいつの間にかできるようになってたりします

しゃべれる言葉も単語ばかりだったのが、どんどん文章になっていきます

娘ちゃんもできるようになったのが嬉しいのか

「パパ見て!パパ見ちょってぇ!」

とアピッてくるので愛おしさ爆発なんです

可愛い!ただ可愛いよね!(´艸`*)

しかし、まだまだ1歳なので、自分でできると言っても中々できないことが多い時期なのです

そういう、自分でできるっ娘をどう対処してますか?

 

やれることが増えてるけど、大体全部が中途半端

そう!1歳とは成長過程でいうとまだまだ未熟そのもの!

大体全部が中途半端にできるか、むしろできない!

例えば、手洗い

家に帰ったら手洗いするよー

全然できない時期は

洗面所まで連れて行く

→袖をまくってあげる

→水を出して両手を洗ってあげる

→泡石鹸をつけてあげる

→水で泡を落としてあげる

→タオルで拭き拭き

手を洗うだけで結構色々工程があるんですよね!これをこの「自分でできる!」時期に突入して、すぐにできるのかと言ったらそういうわけではありません

 

娘ちゃん~、手洗いしよっか!

とりあえず今まで通り一緒に洗面所に行きます

そして袖をまくってあげようとしたら「自分でできる!」

よし!じゃあまくってもらおう!(これはできる)

そして水洗い工程にいくのですが蛇口が届かないので水が出るのを待ってる娘ちゃん(∩´∀`)まぁそこは仕方ない

いざ手を洗う時、自分できるっ娘なので手を水に差し伸べます

しかし限度を知らない1歳

手から腕に突入!まくった袖に水がびしゃー!!

それを見る私は、「だー!!」

そして泡石鹸をつけるんですが、ポンプを押せないのでポンプ石鹸の前で手を出している娘ちゃん(可愛い)

手に泡がついたので、ごしごしして手にまんべんなく広げると思いきや、手をパンパン叩く!叩く!泡が飛び散る!!服につく!

それを見る私は、「だー!!」

水で洗い流してあげる

被害が大きい時は手を拭くタオル以外に、お着替え発生です(-_-)

 

これが「自分でできるっ娘」1歳10か月クオリティ!!

仕方がないんですが、まだまだ未熟なんです

 

やってあげようとすると、じらる「自分でできるっ娘」

ここで、見るに見かねてやってあげようとします

すると必ず、

「じぃぶんで、できるー!(怒り)」

自分でできるっ娘のたちが悪いところはこれなのです

邪魔するんじゃねぇ!自分でやるって言ってんだろうが!(゚Д゚)ノと言わんばかりのじらが始まります

こうなってしまうと作業が止まってしまい、最悪の場合泣きじゃくって全部終わらないこともあります

時間に余裕があるときは、出来る限りやらせてあげたいのですが親も忙しい時はやっぱりあるので、急かしてしまうことは多いのではないでしょうか?

急かしてしまうと、余計にやらなくなりこちらもイライラしてしまいます

「じゃあ、もう自分でやりなさい!知らないから!」

このような言葉でほったらかすようなことも起こります

そうなるとさらに手がつけられなくなりますよね

自分でできないことと、怒られたこと、放置された悲しみなど二重、三重と泣く要素が増加していき大変なことになってしまいます

そういうイライラが出てしまったら、まず私は一呼吸置こうと思っています

そう!この一呼吸が大事です

そのあとに「よっしゃ!じゃあ自分でやってみよっか!」と再スタートさせます

自分でやってる気持ちにさせよう!!

自分でできると言い出して、でもこちらも急いでる時は「自分でやってる気持ちにさせてる!」が良い解決方法だと思います

急いでるからやってあげようとして泣かれるより、ちょっとフォローを入れてあたかも自分でできたかのようにしてあげるといった感じです

 

親が急いでいる時、我が家の場合でしたら

出勤前!

朝の準備から朝御飯やら歯磨きやら待ってあげてたら遅刻しちゃいます

しかし、たくさんのモタモタポイントがあるのです!

 

・朝御飯(フォークとスプーンを駆使して、なかなか取れないけど一生懸命食べます)(可愛い)

モタモタするのでフォークを借りて食べさそうとすると「じぶんで~」

スプーンやフォークを私が持って、「あ~ん」で食べさすのが楽ですが、自分でそれらを使って食べたい!ということです

なので、スプーンもしくはフォークを持たせた腕を自分が持って一緒に食べ物を取ってあげます

そうすると自分でもやってる気持ちになるのかパクパクと朝御飯を食べ始めます

 

・歯磨き(磨けてませんが、ずっと口の中に歯ブラシを入れてます)

早く仕上げしようと歯ブラシを取り上げると「じぶんで~」

やっぱり自分で全部磨くことはまだできませんが全部やりたいのでしょう

そういう時は、朝御飯と同様に一緒にやります

「よーし、自分でやってみよう!まずは上の歯ね~」

といった感じで歯磨きを誘導していきます

全部の歯が大体ゴシゴシできたら「やったね、自分でできたね~」と言った形で自分で出来た感を出してあげると満足してくれます

「じゃあ仕上げやらしてくれる?」と言ったら「うん」と返事してくれます

 

・チャイルドシートに座る車に乗り込んだら、チャイルドシートに自分で乗ろうとします。チャイルドシートの座る場所が高いので崖を登るがごとくよじ登らないといけません)

なかなか登れないので抱きかかえると「じ、じぶんで~」

自分でチャイルドシートに登って座るまでやりたいとのことです

しかし、まだ1人じゃ登りきれないのです

抱きかかえて座らせてあげると、体を沿って最初に戻ろうとします(笑)

こういう場合は登ってるところを軽くフォロー

お尻を持ち上げて、すぐよじ登ってもらいます

登れたらあとは座るだけなのでそんなに時間がかかりません

冬場のお風呂上りの着替え!

冬場は寒い!単純に!

お風呂上り、早く体を拭いてパジャマを着ないと風邪引いちゃいます

風邪を引くと保育園を休まなければなりません

保育園を休むことは夫婦どちらかが仕事を休むか、病児保育に預けるかをすることになります

これは出来る限り避けたい内容です

なので、迅速なる対応が求められるのです

しかし、自分でできるっ娘にはそんなこと関係ありません

寒かろうがなんだろうが、自分で体拭ける~!

だけど、全然拭けない・・・早く早く!

拭けたら、自分でオムツ穿ける~!早く早く!

そして、自分でパジャマ~!

と、寒いのにどんどん時間が経っていくのです(-_-)せっかく温まった体が冷える冷える

というふうになっちゃうので、ここもフォローをしながら自分でやった気にさせます

 

・体拭き

バスタオルは持たせてあげて自分で拭き拭きします

その時、「あ!ここもまだ水がついてるよ!」と気付かせてあげて拭くことに集中させます

その間に背中など、まだ自分では届かないところをバスタオルの使ってない部分でささっと拭いてあげるのです

それで「全部拭けたかな?」とやった気にさせます

 

・パジャマを着る

オムツとか、ズボン穿くとき前部分を持って一所懸命腰まで上げてる娘ちゃん

前しか上がらないので後ろがお尻に引っかかって可愛いことにいつもなります

これももう少し経験を積んだらできるようになりますがまだまだすぐにはできません

ですので、とりあえず自分でやってもらって後ろは私がフォローです

それできちんと穿けるので「自分でできたね~」と満足してくれます

上着もまだまだ難しいですね

上着は私が持って上げて、頭を自分から入れて腕を通してもらいます

「わぁ着れた!」と言って出来た感をだしてあげると割と満足みたいです

 

 

自分でやってみることは、もちろん良いこと!だけどフォローが大事

親が急いでいることを抜きに自分でやる気になっているのはとても良いことだと思います

私も、基本的に自分でやろうとするなら全部見守ってあげたいです

でも上記のようにそうはいかない場合もありますよね

そんな時は、フォローをして一緒にやってあげることが大事だと思います

急いでいるからこそ、放置しない!

早くやって欲しいなら、フォローを入れてあげる!

まだ1歳なんだから!

親も人間、イライラすることもあります

私も時間がないとイライラします

でも、1歳の子供にそんなことは関係ありません

そのイライラをぶつけてはいけません

一呼吸置きましょう

そして、一緒にやって子供にも満足してもらいましょう!ご機嫌な子供ほど可愛いものはありません(*’ω’*)

ご機嫌になって、そんなに時間もかからなければWinWinです!

 

今回は、自分でできるっ娘に対してどう接してるか書きました

結論としては

自分でやることを尊重して、フォローを入れつつ一緒にやる!

我が家はそんな感じです(/・ω・)/

終わりっ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です