MTGコレクション

【MTG】ホラークリーチャーで一番好きなカードはファイレクシアの抹殺者

マジック:ザ・ギャザリングでは

クリーチャーカードというものがあります。

このクリーチャーには色々な種類が存在しています。

例えば、

ゴブリンやマーフォークとか怪物系。

騎士やウィザード(魔法使い)などの人間系。

ドラゴンやフェアリーなどの神話系。

さらには、スリヴァーやエルドラージなどのMTGオリジナルの種類。

などなど多種多様です。

その中で、

ホラー

という種類が存在します。

「ホラー」とはその名の通り、「怖いやつ」です。

恐ろしさや、禍々しさなどのニュアンスを象徴とした形状のものを、MTGではホラーとして扱われています。

 

このホラー!!

ホラークリーチャーの中で、僕が一番好きなカードがあります。

それが「ファイレクシアの抹殺者」

きゅーぶ
きゅーぶ
か、か、かっこいい!!!

 

おそらくこのカード!みんな大好きですよね!!(`・ω・´)

 

MTGには、たくさん恰好良いカードがあります。

今回は、その中の1枚で僕の好きなカード

「ファイレクシアの抹殺者」をご紹介させて下さい!

 

ホラーではなく、ドラゴンで好きなカードは「稲妻のドラゴン」!
【MTG】コレクションにおすすめのカード!稲妻のドラゴンの魅力を徹底的に伝えたい記事マジック・ザ:ギャザリングで好きなカードってありますか? 僕はもちろん全部好きです! どのカードも魅力的にできてます。 ...

 

「ファイレクアの抹殺者」が収録されているパック

「ファイレクシアの抹殺者」は、1999年に発売された「ウルザズ・ディスティニー」に収録されているカードです。

 

現在のトップレアとしては、

「アカデミーの学長」や「金属細工師」などが挙げられます。

 

発売当時のスタンダード環境では、これらのカードではなく

「マスティコア」や、今回ご紹介するカードの「ファイレクシアの抹殺者」がトップレアとして君臨していました。

きゅーぶ
きゅーぶ
マスティコアなんて当時、一時期ですが¥4,000とかの値段でした。

 

当時のスタンのマスティコアの猛威は計り知れないです。

現在?現在はさらに強いクリーチャーが多数登場してしまったので、残念ながら価格は下がっています。

しかし、人気カードなのでFoilになるとかなり高額です。

とてもかっこいいので、マスティコアのFoilは是非GETしたいカードです!

コレクションにおすすめのカードファイル!
【おすすめカードファイル】大切なコレクションカードやトレカの整理に便利!大切なカードをコレクションするとき、 どのようにコレクションを整理していますか? 僕は、マジック・ザ:ギャザリング(以下、M...

 

「ファイレクシアの抹殺者」とは

当時のスタン環境で大人気だったカード、それが「ファイレクシアの抹殺者」!

 

ファイレクシアの抹殺者

(2)(黒)

トランプル
ファイレクシアの抹殺者にダメージが与えられるたび、その点数と同じ数のパーマネントを生け贄に捧げる。

5/5

 

3マナという少ないコストで、なんと5/5トランプルという破格の強さを誇るクリーチャーです。

めちゃくちゃ強い!!

「暗黒の儀式」というカードがあれば、なんと!!!

1ターン目に5/5トランプルが戦場に現れてしまいます。

 

1ターン目に5/5が召喚できたら、対戦がかなり有利になっちゃいます。

あの「王冠泥棒、オーコ」だって2ターン目だぜ?

ほんと魅力的!!

 

しかし!!

 

やはり、これだけ強い能力だったらデメリットがもちろんあります。

ファイレクシアの抹殺者にダメージが与えられるたび、その点数と同じ数のパーマネントを生け贄に捧げる。

この能力。

とても辛い能力なんです・・・。

例えば、

1ターン目に「ファイレクシアの抹殺者」を召喚!

ターンエンド!

相手、山!!タップ!!「ファイレクシアの抹殺者」にショック!!2点ダメージ!!

 

自軍には沼1枚と「ファイレクシアの抹殺者」しかいない状態です。

2点ダメージを与えられたので、パーマネントを2つ生け贄に捧げなければいけません。

沼と「ファイレクシアの抹殺者」を生け贄に捧げます。

 

という悲しい出来事が起こってしまいます!!

そう、

赤に極端に弱かったのです!!

 

しかしですよ。

赤には滅法弱かったのですが、他の色のデッキに対しては当時はかなり強力なカードだったのです。

 

そして、当時はその赤のデッキは少なくコントロールデッキなどが主流だったので、尚更このカードがよく使われていました。

 

スーサイドデッキで活躍

「ファイレクシアの抹殺者」は、スーサイドデッキによく採用されていたカードです。

スーサイドとは、マナ以外で他の犠牲を払い対価を得るような意味合いです。

勝つためには犠牲は問わねぇ!!

ザ・黒!!といった考え方のデッキになります。

 

例えば、

「憎悪」というカードがあります。

超かっこいい黒のキャラクター「グレヴェン・イル=ヴェク」の顔面アップのイラスト!

テンペストというセットで本人のカードが登場しています!

めちゃくちゃ強そうなオーラが最高です。

 

このグレヴェンの顔面アップの「憎悪」

憎悪

(3)(黒)(黒)

インスタント

この呪文を唱えるための追加コストとして、X点のライフを支払う。
クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+X/+0の修整を受ける。

 

効果はなんと、自分の支払ったライフの数だけパワーアップ!!

この組み合わせでヤバさが伝わるはず!!

なんと2ターンキルも夢じゃなかったのです(´艸`*)

 

俺のライフをほぼすべて「ファイレクシアの抹殺者」にくれてやる!!

「ファイレクシアの抹殺者」ターン終了まで24/5!!

対戦ありがとうございました!!(`・ω・´)

こういうことですよ!

きゅーぶ
きゅーぶ
これが決まったら、めっちゃ気持ち良いんですよね。

 

「憎悪」は漫画「すべそれ」でも登場するよ!見てない人は必見!!
【面白い!】マジック:ザ・ギャザリング(MTG)おすすめ漫画「すべての人類を破壊する。それらは再生できない」は買いましたか?まだの人は必見です。どうも、MTGと漫画が大好きなCUBEです。 おすすめしたい、漫画があります! マジック:ザ・ギャザリング(以下、MTG)と...

 

 

「ファイレクシアの抹殺者」のライバル登場

ウィザーズは何故このカードを刷ったんだ?

完全に「ファイレクシアの抹殺者」の上位互換がいるのです。

それがこのカード。

「ファイレクシアの抹消者」です。

ファイレクシアの抹消者

(黒)(黒)(黒)(黒)

トランプル
発生源1つがファイレクシアの抹消者にダメージを与えるたび、その発生源のコントローラーはその点数に等しい数のパーマネントを生け贄に捧げる。

5/5

 

黒が4ついるマナコストにしたから良いでしょ?

ていう能力じゃねぇぞ!!

「ファイレクシアの抹殺者」のデメリット能力が、完全にメリット能力に変わってしまっているカードです。

「発生源のコントローラーは」

この文章、自分じゃなくてダメージを与えた相手が、パーマネントを生け贄に捧げるんですよ。

 

驚愕ですね。

「ファイレクアの抹殺者」の存在を消しにかかっている、「ファイレクシアの抹消者」。

ホラーにはホラーをですね。

 

しかしながら、この強いカードも1枚の悲しいことに黒のカードで環境から姿を消してしまったのです。

四肢切断

(1)(黒/Φ)(黒/Φ)

インスタント

((黒/Φ)は(黒)でも2点のライフでも支払うことができる。)
クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで-5/-5の修整を受ける。

 

「四肢切断」というカードは、黒マナを支払わなくても4点支払えば、何のマナでも1つで使用可能なカードです。

そして、タフネスが5の厄介なクリーチャーを倒してくれる凄いカードです。

「ファイレクシアの抹消者」は、この「四肢切断」というカードがどの色のデッキでも採用ができることで、使うのが辛い環境となったのです。

 

きゅーぶ
きゅーぶ
並べて見ると、どっちもかっこいいですね。

 

「ファイレクアの抹殺者」の魅力

「ファイレクシアの抹殺者」の魅力について挙げていきたいと思います!

イラストが格好良い

「ファイレクシアの抹殺者」の魅力は何と言ってもこのイラストです。

 

ホラーのカードは、狂気やグロテスクなイラストが多いのですが「ファイレクシアの抹殺者」は恰好良さでホラー感を出していると僕は思っています。

※この感覚は、個人で違うことがあります。

このイラストと、黒のカードというのが合わさってなんだかとっても良いのです!(語彙力が足りない)

この感覚、分かって欲しい!

 

当時は、「エヴァンゲリオン」が流行っていたこともあって「ファイレクシアの抹殺者」は、その主人公が乗っているエヴァ初号機に似ているということでも人気が出ていました。

 

似ている!!初号機も、グロテスクな描写もありますが強さと若干の邪悪さが出ていると僕は思います。その辺も似ている!!

 

惹かれるイラストなんですよね。

 

「ファイレクシアの抹殺者」は再録禁止カードです。

再録禁止とは、「再び収録しない」という意味になります。

新しいパックで登場しないという感じです。

再録禁止についてはこちらの記事で詳しく書いています!興味がありましたらチラ見してみて下さい。
【MTG】将来さらに高騰の可能性!?再録禁止で持っておきたいカードまとめマジック・ザ:ギャザリング(以下、MTG)には、 再録禁止カード というカードが存在します。 僕は、今まで何枚かそのカ...

 

再録禁止カードなのですが、別のイラストで再登場したことがあります。

よりホラー感が出てしまっているタッチになってしまいました。

このカードは、2010年に発売された「デュエルデッキ:ファイレクシアVSドミナリア連合」という製品に収録されています。

created by Rinker
ウィザーズ・オブ・ザ・コースト(Wizards of the Coast)
¥9,500
(2019/11/18 10:34:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

このイラストも好きなのですが、やはり僕は元のイラストの方が好きです。

元のイラストの方がイケメン!!

 

だって、なんだか新イラスト・・・

こっちになっちゃった

 

 

フレーバーテキスト

「ファイレクシアの抹殺者」のフレーバーテキストを見て欲しいです。

 

「彼らは終わらせるために存在しているんだ」

 

この厨二心をくすぐるフレーバーテキスト!!

最高じゃねぇか(`・ω・´)

当時は中二に近い年齢だったので、惹かれるのは仕方がないと僕は思いますよ!

 

Foilバージョン

「ファイレクシアの抹殺者」にはFoilカードも存在します。

このFoilがまたかっこいいんです!!

Foilカードは、元のカードがそのまま光っているというパターンでイラストとか変わるわけではありません。

それでもかっこいいんです!!

さぁ見て下さい。

 

 

かっこよさ2000倍!!

(2000倍の基準は不明)

 

ちょっと角度変えてもかっこいい!!

 

現在のFoilの仕様とは違って、旧枠のFoilカードは流れ星みたいなマークも追加されます。

それがまた特別感があって良いです。

きゅーぶ
きゅーぶ
やはりFoilだと、コレクション映えします!

 

大事なカードを守るには必ずスリーブを使用すると思います。

基本的には2重スリーブをすることを、僕はおすすめします。

1枚のスリーブだと、実は意外と傷が付いたりするので。

2重スリーブは、インナースリーブというの使ってその上からお気に入りの通常サイズのスリーブを使用するという方法です。

おすすめのインナースリーブの記事です!
トレーディングカードをしっかり守る、おすすめインナースリーブ!【徹底比較】どうも、CUBEです! トレーディングカードゲームで、今や必須のアイテムにスリーブというものがあります。 ...

 

 

まとめ:ファイレクシアの抹殺者は恰好良い

本記事では、「ファイレクアの抹殺者」の紹介と、その魅力について書かせて頂きました。

「ファイレクシアの抹殺者」がどういうカードなのか、少しでも伝えることができたのであれば僕は満足です。

「ファイレクアの抹殺者」にしても、「ファイレクシアの抹消者」にしても、昨今強力なカードが登場している為あまり使われなくなってしまっているのは事実です。

しかし、カード自体はとても恰好良く魅力的なのです!

どこかで見たことがあります。

「MTGのカードはすべてが主役なのだ」

ちょっとニュアンスが違っていたかもしれません。

好きだから使うってとてもゲームを楽しむ上で、とても大事なことだと思います。

 

というわけで、「ファイレクシアの抹殺者」を皆さん使って下さい(違う)

 

きゅーぶ
きゅーぶ
ここまで読んで頂きありがとうございました!どうもCUBEでした。

(MTGの友達が欲しい僕のTwitterはこちら)←気軽に絡んで下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です