MTG投資

【MTG】投資とコレクション!《破滅の龍、ニコル・ボーラス》

どうも!CUBEです

今回のMTG投資は、自分の欲しいという欲求の方が強いカードになってしまいました

このカードは30歳を超えてMTGをまた買い始めた自分が、

「やべぇ、かっこいい・・・」

って思ってしまってパックを買い漁っても出なかったカードになります

ですが、

…ついに手に入れました!シングル買いでw

 

今回、購入したカードはこの2枚!!

 

 

・ニコル・ボーラス(レジェンド版)

購入価格:12500円

・破滅の龍、ニコルボーラス/覚醒の龍、ニコルボーラス(Foil)

購入価格:12000円

 

MTGの代表的なキャラクターといえば、ニコル・ボーラスでしょう!!(違う?)

しかし、これだけずっと色々な種類のセットが出た中でこれだけ登場したカードは中々ないかなと思います

ちょっと今回は1枚単位で購入価格が高かったのですが、仕方のない犠牲だ?

左のニコル・ボーラスがMTGで最初に収録されたカードで、右のニコル・ボーラスが2019年時点で一番最近に収録されたカードになります

信じられますか?このカード、

2枚とも同じキャラクターなんだぜ?

おいおい、どんだけイケメンに変わってんの?ニコル・ボーラス

自分がMTGを始めたころも、すでに売ってなかったレジェンド版のニコル・ボーラス

これはこれで味があって好きなイラストですが、2019年版のニコル・ボーラスのイラストのカッコよさは個人的にヤバーイ( *´艸`)

2019年版だけ当初は欲しかったのですが、なんか売ってあったのでレジェンド版も買ってしまいました(*’▽’)カードの魔力って恐ろしいですね

レジェンドのパックに収録されてるニコル・ボーラス

1994年6月10日に「レジェンド」という名称で発売されたパックです

このパックを2019年時点で購入するなら約8万円くらいの相場になるそうです(; ・`д・´)

有名どころの高額カードは

「The Tabernacle at Pendrell Vale 」30万円~36万くらい(2019年時点)

「Most」12万円~16万円くらい(2019年時点)

「Chains of Mephistopheles 」12万円~16万円くらい(2019年時点)

これらのカードに比べたら、今回購入したニコル・ボーラスは安い方ですね!(錯乱)

この、レジェンド版で収録されたニコル・ボーラスの能力は結構面白いんです

ニコル・ボーラス

飛行
あなたのアップキープの開始時に、あなたが(青)(黒)(赤)を支払わないかぎり、ニコル・ボーラスを生け贄に捧げる。
ニコル・ボーラスが対戦相手にダメージを与えるたび、そのプレイヤーは自分の手札を捨てる。

7/7

対戦相手にダメージを与えると相手プレイヤーは手札を捨てるという能力が強く、

「ニコル・シュート」というコンボで1~2ターン目で相手に7点ダメージを与えてさらに手札破壊をすることができる意表を突けます

「葬送の魔除け」という黒の1マナインスタントのカードで自分の手札から、このニコル・ボーラスを墓地に送ります

「浅すぎる墓穴」という(1)(黒)インスタントで、墓地のニコル・ボーラスを場に出して攻撃することで7点ダメージ手札破壊が成功します

ただし、次のターンにニコル・ボーラスは追放されることになります

「暗黒の儀式」があれば、1ターン目でこのコンボが可能になり、かなりのアドが取れるコンボになっちゃいます

こういったコンボもあり、当初レジェンドで「エルダー・ドラゴン」として登場したドラゴンはニコル・ボーラスを含む5種類いましたが、一番ニコル・ボーラスが人気になっちゃいました(*’▽’)

これは、クロニクルというパックで再録されたエルダー・ドラゴンたちです

「暴虐の覇王アスマディ」がいない(´ρ`)いなかった?魚だもん(オイ

結構、再録カードは安価で手に入ります

白枠の英語版クロニクルの、ニコル・ボーラスなんかは何百円とかで買えます(ワンコインでイケるよ!)

そして、これらのエルダー・ドラゴンは

基本セット2019で再登場しています

基本セット2019のニコル・ボーラス

2018年7月13日に「基本セット2019」という名称で発売されたパックです

2019年時点ではまだまだスタンダードで遊べるセットです

マジックを扱ってる店ならどこでもまだ手に入るパックになります

しかし、ニコル・ボーラスを当てようとして散々購入しましたが自分には出なかったです(´Д`)

そして、シングル買いをしてしまうCUBE(´ρ`)foilで買った

投資という概念で見ると、通常版よりfoilの方が将来的に価値は落ちないと思います

イラストが人気だと、通常版が何百円でもfoilは何千円~とかざらにあります

しかし購入金額が12000円でしたが、どうしても欲しかったのでたとえ値段が下がっても悔いはないですw

この基本セット2019に収録されているニコル・ボーラスはなんと、このセット唯一の両面カードになります

まずこのオモテ面の能力を見てみましょう

破滅の龍、ニコル・ボーラス

飛行
破滅の龍、ニコル・ボーラスが戦場に出たとき、各対戦相手はそれぞれカード1枚を捨てる。
(4)(青)(黒)(赤):破滅の龍、ニコル・ボーラスを追放し、その後、これを変身させた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。

4/4

多色4マナなのはちょっと使いづらいですが、4マナ4/4飛行で手札1枚捨てさせるので結構強いカードだと思います

そして面白いのがこの後です

変身能力!!

7マナ必要で重いですが、「破滅の龍、ニコル・ボーラス」を「覚醒の龍、ニコル・ボーラス」に変身させることができます

最初、変身???って思いました

自分が昔MTGをプレイしてたころは両面カードなんてなかったですもん

変身先のカードも手に入れないといけないじゃんと思いましたが、いやいやウラ面にいるんかーい!

 

 

覚醒の龍、ニコル・ボーラス

[+2]:カードを2枚引く。
[-3]:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を対象とする。覚醒の龍、ニコル・ボーラスはそれに10点のダメージを与える。
[-4]:墓地からクリーチャーかプレインズウォーカーであるカード1枚を対象とし、それをあなたのコントロール下で戦場に出す。
[-12]:プレイヤー1人を対象とし、そのプレイヤーのライブラリーの一番下以外のカードをすべて追放する。

7

+2能力が青の力で2ドローです

正直2ドローできるだけでアドが凄いと思います

-3能力は赤の力でクリーチャーかPWに10点ダメージ!

10以上のタフネスはなかなかいないので確定除去みたいなもんでしょう

-4能力は黒の力で、どの墓地からでも良いのでクリーチャーかPWを配下におけるというとんでも能力

-12能力は奥義です!デッキを1枚残して他を追放(笑)ほぼ勝ち確の技ですね

 

いやいや、プレインズウォーカーのニコル・ボーラス強いよ!

さすが変身するだけのことはありますね

ただ変身して勝ち確まで持っていくうちにゲームが終わってそうなのはまた別の話ですね

カードとしては両面で変身能力があるのは、斬新で面白いと自分は思います

 

今回紹介した以外のニコル・ボーラス

今回2種類のニコル・ボーラスのカードを紹介しました

しかし、ニコル・ボーラスはまだ他のセットにも収録されているんです

 

2009年2月6日発売の「コンフラックス」というパックで登場

プレインズウォーカー・ニコルボーラス

 

2017年7月14か発売の「破滅の刻」というパックで登場

王神、ニコル・ボーラス

合わせて「破滅の刻」のプレインズウォーカーデッキに収録された

欺瞞の主、ニコル・ボーラス

 

このように、ニコル・ボーラスというキャラクターのカードで言えば、全部で5種類も登場しています

ちなみにデュエマでもニコル・ボーラスさんはコラボで登場しているそうです

 

いかがだったでしょうか?

ニコル・ボーラスはマジック:ザ・ギャザリングじゃ欠かせないキャラクターになっています

実際強いですし、コレクションとしてもイラストかっこいいので集めがいもあります

人気もあるキャラクターなので価格もそれなりにするものもあるので、持っていて損はないカードかなと個人的には思っています

 

それでは、

今回のコレクションは「ニコル・ボーラス」でした(*’ω’*)

またね

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です