MTGコレクション

【MTG】神河:輝ける世界のセトブ産とコレブ産のFoilの違いまとめ

マジック:ザ・ギャザリングのシングル販売カードではセットブースター産Foil、コレクターブースター産Foilといって同じカードなはずなのに、排出ブースターによって価格が違った状態で販売されていたります。

これはコレクターブースターパックが登場したころは、分けられることもなかったのですが、徐々に分けられはじめました。

分ける理由としては「品質の差による人気」が影響しています。

 

日本のパックは

  • ドラフトブースターやセットブースターは「日本生産」
  • コレクターブースターは「米国生産」

となっており、生産国によって質が結構違っています。

日本生産の方が、米国生産より人気傾向です。

そしてドラブやセトブの方が特別デザインのFoilが、当たりにくい仕様となっているため、価格もセトブ・ドラブ産の方が高くなっている現状です。

 

では、どのような違いがあるのか?

 

神河:輝ける世界がとても人気製品となり、このパックから買ってみたという方も多そうなので神河のカードで比較していきたいと思います。

 

 

1.Foilの表面加工と手触りが違う

この浮世絵土地Foil写真の右がコレブ左がセトブから出たカードとなります。

写真だと分かりにくいかもしれませんが、

  • セトブはマット感が若干ある
  • コレブはマット感は無く、少し凹凸のある感じ

となっています。

 

裏面も質感がちょっと違います。

写真じゃほんと分かりにくいですが(すみません)、上がコレブで下がセトブです。

色合いがコレブの方が濃く、さらに手触りが少しザラザラしています。

セトブはつるつるすべすべです。

実際触ってみると、あ、これこっち産だ!ってすぐ分かるレベルです。

 

2.光り方が違う

↑ セトブのショーケース枠のFoil

↑ コレブのショーケース枠Foil

 

セトブ産のFoilはマット感があるからか、控えめな光り方をします。

コレブ産はしっかりギラギラと光る感じです。

 

↑ボーダーレス版のセトブ産Foilです。

控えめではありますが、綺麗に広がって光ってくれます。

↑コレブ産のボーダーレス版Foilになります。

コレブ産はギラギラ感が凄いです。虹色?の光り方が強いのが特徴かなと思います。

 

3.カード四隅のカットの違い

写真左がセトブ産で右がコレブ産です。

セトブ産(日本生産)の特徴として、四隅は綺麗に丸くなっています。

コレブ産(米国生産)は写真のようにカクカクしている場合があります。

 

注意点として、米国産はすべてがカクカクしていないということです。

写真の下のカードがセトブで上がコレブです。

両方とも丸いです。

米国産は四隅全てがカクカクのパターンや、1~2か所のみカクカクのパターンなど様々となっています。

 

なのでカードの角だけで判断が少し難しくなってきます。

https://twitter.com/cube_mtg/status/1496390162573840385?s=20&t=Mc3_aG2Eyo7hN3YHoePCNw

こんな風にかなり分かりやすいものも存在しています。

このtweetしてる人も結構ショックを受けているのでは?

 

セトブ産とコレブ産のFoilの違いまとめ

まとめると

  1. Foilの表面加工と手触りが違う
  2. 光り方が違う
  3. カード四隅のカットが違う

というのが主な特徴かなと思います。

 

しかし!これらの特徴は写真によっては非常に分かりにくくなります。

左がセトブ産、右がコレブ産です。

上手く撮ればどっちかどっちなのかよく分かりません。

フリマアプリなどで購入を考えている方は気を付けて下さいね。

 

日本語版以外でも日本産が存在する

中国語版や英語版などの他言語でも、日本生産のセトブなどが存在します。

日本で販売されている英語版は基本的に日本製の可能性が高いです。

他言語を集めようかな?という方も拘りがある場合は、購入する際よく確認した方が良いかもしれません。

【MTGコレクション】他言語のカードにもドラブセトブ産(日本製造版)があると僕の中で話題に

【MTGコレクション】他言語のカードにもドラブセトブ産(日本製造版)があるマジック:ザ・ギャザリングでコレクターブースターというパックが登場したために、コレクションする上で(日本では) ドラブ・セトブ...

 

ドラブ産とセトブ産でもFoil加工が違う!?

これは現物を持っていないので、確定情報ではないのですが日本生産版の中でも加工が違うものがあると噂になっています・・・。

僕が知っている情報だと

プレリリースキットに入っていたドラフトブースターのFoilが、通常セットブースターのFoilと違いがあるとのことです。

なんとマット感がないフォーゴトンレルム探訪以前の加工Foil版があるようです。

 

実は、このセトブ版Foilのマット感は2021年9月に発売された「イニストラード:真夜中の狩り」から現れた加工になります。

それ以前はもう少しよく光っていたので、もしかしたら日本での製造体制の変更などがあったのかもしれません。

そして今回はそれが混ざってるのでは??と考えられます。

あくまでも推測の域なので、一応「そういった違いもある」といった感じで捉えて頂けたら幸いです。

 

最後に

本記事では神河:輝ける世界の、セトブ産とコレブ産のFoilの違いについて書かせて頂きました。

どんな違いがあるのか気になっていた方に、この記事が少しでも参考になったら幸いです。

 

神河:輝ける世界を探してみる
Amazonで探してみる
楽天市場で探してみる
Yahoo!ショッピングで探してみる
駿河屋で探してみる
あみあみで探してみる

 

 

チャレンジャーデッキ2022が人気!4月1日発売

【MTG】チャレンジャーデッキ2022のデッキリスト発表!内容が豪華で今回も4種類登場

【MTG】チャレンジャーデッキ2022のデッキリスト発表!内容が豪華で今回も4種類登場マジック:ザ・ギャザリングの構築済み製品「チャレンジャーデッキ2022」の情報が発表されました。 デッキ種類は4種類 白...

 

 

きゅーぶ
きゅーぶ
ここまで読んで頂きありがとうございました。どうもCUBEでした。

 

(僕のTwitterはこちら)←気軽に絡んで下さい