<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれています。
MTGセット PR

【MTG】猫のSecretLairとアトラクササプライなどが入ったBOXが注文予約可能に

マジック:ザ・ギャザリング30周年を祝うイベント「MagicCon」が世界各地で開催されます。

2023年は4か所で開催予定で、その最初の「MagicCon」はアメリカのフィラデルフィアです。

そこでチケットとセットになったMTGグッズがあるのですが、その一部がまとまったセットがSecretLairオンラインサイトでも販売される予定となっています。

 

 

『The Festival in a Box』が公式ストアで販売

自宅でも「MagicCon」を楽しんでもらうためのBOX『The Festival in a Box』がSecretLairオンラインストアで販売されます。

注文受付開始は現地時間「2022年11月17日午前9時」

日本時間に直すと

2022年11月18日のPDTだったら午前1時かPSTだったら2時のどちらかです。

BOXの価格は269ドルとなっています。

注文受付はこちらの公式サイトに項目が作成されるようです。

秘密の隠れ家|公式オンラインストア (wizards.com)

 

『The Festival in a Box』収録内容

  • Secret Lair: Look at the Kitties
  • Mystery Booster: Convention Edition display
  • Zendikar Rising Commander deck(ゼンディカーの夜明け統率者デッキ)
  • Kaldheim Commander deck(カルドハイム統率者デッキ)
  • アトラクササプライ(デッキケース、スリーブ、プレイマット)
  • 秘儀の印鑑プロモカード1枚

Secret Lair: Look at the Kitties

イラストは「たたメーピー氏」(@tatamepi

 

Mystery Booster: Convention Edition display

Convention Editionとは、ミステリーブースターで毎パック「テストカード」が封入されているパターンです。

製品ついてはこちら

ミステリーブースター『Convention Edition』とは?2021年8月20日再販で発売

ミステリーブースター『Convention Edition』とは?2021年8月20日再販で発売マジック:ザ・ギャザリングの特殊セット 『ミステリーブースター』 1600種類以上の再録カードが収録された「カオスドラフト」...

 

統率者デッキ

ゼンディカーの夜明けとカルドハイムの統率者デッキ

通常製品のあれです。

 

アトラクササプライ

アトラクサをモチーフとしたサプライ

  • デッキケース
  • スリーブ
  • プレイマット

デザインは2023年2月発売予定の「ファイレクシア完全なる統一」のコレクターブースターのパッケージデザインとなっています。

 

秘儀の印鑑のプロモカード

秘儀の印鑑》のプロモカード1枚が入っています。

 

最後に

ネコのSecretLairとアトラクサのサプライがかなり魅力的です。

家でもイベントが楽しめるという趣旨とはいえ、ミスブと統率者デッキで値段が高くなっているのが辛いところ・・・

円安も地味にキツイ。

楽天ブックスでも販売して欲しいとは思うのですが、このパターンの製品は前回も楽天では取り扱いはしてませんでした。

なので自力で入手する方法はここしかないかもしれません(;´・ω・)

あと前回は売り切れも起こっていて「え?まさかの数量限定だったの?」という感じでした。今回も数量限定かもしれないので注意が必要です。

 

30周年記念パックも予約が始まります!楽天ブックスでも購入できる

【MTG】30周年記念パックが数量限定で日本からでも買える!楽天ブックスで予約が可能に

【MTG】30周年記念パックが数量限定で日本からでも買える!楽天ブックスで予約が可能にマジック:ザ・ギャザリング(MTG)の30周年を記念して『30th Anniversary Edition』というパックが販売されます。...

このパック、発表当初は海外(現地)でしか買えない雰囲気だったのですがなんと!楽天ブックスでも販売されるとのことです。

楽天ブックスでの販売開始日時:2022年11月29日午前9時から

楽天ブックス MTG専用ページ

 

きゅーぶ
きゅーぶ
ここまで読んで頂きありがとうございました。どうもCUBEでした。

(僕のTwitterはこちら)←気軽に絡んで下さい

 

本記事で使用している画像素材、引用文章はすべてその権利者様に帰属します。画像データ等、ファンコンテンツ・ポリシーに沿って使用しております。

掲載に伴い、問題がある場合はお手数ですが権利者様よりお問い合わせ頂けると幸いです。