MTG

【MTG初心者】チャレンジャーデッキ2020「行軍の猛攻」の使い方を調べてみた

2020年4月3日に発売される「チャレンジャーデッキ2020」

今回はその中の1つ

「行軍の猛攻」をピックアップしていこうと思います!

 

この記事はこんな人におすすめ

・MTGを始めてみようかな?と思って、チャレンジャーデッキの購入を検討している人

・「行軍の猛攻」デッキの使い方を知りたい人

・MTG初心者の方

などなど。

 

筆者は、プロでも何でもない一般的なMTGが大好きな奴です。

この記事はあくまでも、一例として参考程度に見て頂くようお願い致します。

 

 

「行軍の猛攻」は赤単アグロがコンセプト

赤単・・・「赤単色デッキ」の略称。赤のカードと土地とアーティファクト(入っていないこともある)で組まれたデッキのことです。

アグロ・・・積極的に攻めるデッキのことを言います。

赤単色で積極的に攻めていくことがコンセプトです!

 

では、どうやって積極的に攻めていくのか?

「行軍の猛攻」のデッキリストを確認してみましょう。

「行軍の猛攻」のデッキリスト

価格に関しては、2020年2月中旬に調べたものです。

現在は若干のズレがあると思います。



「行軍の猛攻」のメイン軸は「災厄の行進」

「行軍の猛攻」には攻め立てることができるカードとして、「災厄の行進」があります。

自分の戦場にいるパワーが1以下のクリーチャーが1体攻撃するたび、プレイヤーかプレインズウォーカーに1点のダメージを飛ばせます。

どんどんパワー1以下のクリーチャーを出しつつ、このカードを序盤から出して、攻撃を繰り返し相手にダメージを与えていく戦法になります。

なので、このデッキにはパワー1以下のクリーチャーが沢山採用されています。

 

俺達、1マナ1/1の弾丸カードたちだぜ!!

「災厄の行進」のおかげで、ブロックされても確実に1点ダメージが飛ばせる鉄砲玉カードです。

それぞれ3枚から4枚採用されています。

・「熱烈な勇者」の強さ

1マナ速攻ということもあり、1ターン目から1点ダメージ与えることが可能です。

さらに攻撃するたびに、他の騎士はターン終了まで+1/+0の修整を受けます。

「熱烈な勇者」が2枚出ていればお互いに強化することが可能です。

しかも、「熱烈な勇者」の攻撃するたびにおける「誘発能力」「災厄の行進」の攻撃するたびにおける「誘発能力」の前にスタックに乗せることができます。

なので「災厄の行進」で1点ずつ飛ばした後に他の騎士をパワーアップして殴ることが可能なのです。

※スタックは上から解決していくため

ところで「スタック」って何!?と思った方はこちらのサイトがおすすめ!

さらにパワー1のクリーチャーを生み出すカード!

「炎の侍祭、チャンドラ」

このプレインズウォーカーは「災厄の行進」とかなり相性が良いです。

毎ターン、1/1トークンを2体ターン終了まで出すことが可能です。

ということは毎ターン1/1トークン2体で殴って、ついでに2点飛ばせちゃうわけなんです!!

伝説のプレインズウォーカーなので、場に1枚しか出せませんがこのデッキだと強力なカードになります。

 

このように、大量の1/1クリーチャーを戦場に出していって「災厄の行進」と一緒に攻撃していくと、あっという間に相手のライフポイントを削ってしまいます!

 

1/1クリーチャーをパワーアップできるキーカード!

「エンバレス城」

 

(1)(赤)(赤)タップ:ターン終了まで、あなたがコントロールしているクリーチャーは+1/+0の修整を受ける。

この効果を発動するとパワーが2になるから「災厄の行進」が発動しないんじゃない?と思うかもしれません。

安心して下さい、1点ずつ飛ばしますよ!(`・ω・´)

1/1クリーチャーで攻撃して「災厄の行進」の効果がスタックに乗ったあとに、「エンバレス城」の効果を発動します。そうすると場のクリーチャーのパワーが底上げされた上に「厄災の行進」でダメージも飛ばせるのです!

さらにダメージを加算して畳みかける強力なカード

 

「災厄の行進」と大量の1/1クリーチャーだけでも脅威的ですが、さらにこの2枚が戦場に出ると一気に勝負が決まってしまうかもしれません。

「砕骨の巨人」に関しては、「出来事」で2点ダメージを飛ばせることに加えて、クリーチャーとして出しても3マナ4/3という大きいサイズです。相手が単体除去をしようものなら死に際の2点ダメージを与えます。ダメージソースとしてかなり優秀なクリーチャーとなります!

 

そして、この「行軍の猛攻」の猛攻の第2のキーカード!

「朱地洞の族長、トーブラン」

単純に置物としてとてつもなく優秀な、おっちゃん!!

自分の赤のカードがダメージを相手にダメージを与えるなら、それに2を足すというおかしい効果をお持ちです。

たくさんいる1/1クリーチャーのダメージがすべて3になって、「災厄の行進」のダメージもすべて3になります・・・。

これは、あっという間にライフポイントを削り切ってしまう!強い。

 

 

さらにこの「エンバレスの宝剣」という強力な装備カード!

一見、唱えるマナが多いように感じますがこのデッキだとほぼ2マナ確定です。

自分がコントロールしている攻撃クリーチャー1体につき唱えるコストが(1)減るんです!

4体くらい、普通に場にいそうですよね!

 

+1/+1の修整と、二段攻撃とトランプルまで持つようになる素晴らしい剣です。

二段攻撃:先制攻撃と通常の戦闘ダメージの両方を与える

先制攻撃:先制攻撃を持たないクリーチャーより先に戦闘ダメージを与える。)

トランプル:余剰の戦闘ダメージをそれが攻撃しているプレイヤーかプレインズウォーカーに与えることができる。

 

これにより相手のチャンプブロックといった、時間稼ぎを許すこともなく畳みかけることが可能になります。

 

「舞台照らし」と「遁走する蒸気族」

メインではありませんが、この2枚もとても強力なカードです。

赤単は、早い展開で回していくのでドローで基本土地ばかり出てしまって負けに繋がることもあります。(土地ばかり出て何もできない)

それを少しでも解消できるのが「舞台照らし」です。

赤単なので「絢爛」という効果も達成しやすいこともあり実質1マナで2ドローできるような動きができます。

さらに引いたカードを次のターンまでプレイ(唱える、起動する)しても良いので、「遁走する蒸気族」と相性がとても良いです。

「舞台照らし」で盤面の調整をしていって、「遁走する蒸気族」にカウンターを乗せて大きい打点を得る!こんな動きも可能になります。

チャレンジャーデッキ「行軍の猛攻」(まとめ)

デッキの使う流れとしては、

①パワー1のクリーチャーをどんどん繰り出す。

②2ターン目には「災厄の行進」を出していく。

③チャンドラで1/1の数を底上げ

④トーブランで打点を増やす

⑤エンバレス城や宝剣でパワー底上げでダメージ加算

⑥積極的に攻めて攻めまくって勝利!

みたいな感じです。

 

デッキとしてほぼ完成しているので、購入してからそのまま使っても楽しいと思います!

これをさらに改良するなら

・「エンバレスの宝剣」の枚数を増やす

・1/1トークンを多く生み出せるカードを加える

→「駆け回る物焦がし」など

・火力が高い呪文を入れる

→「溶岩コイル」や「丸焼き」など

などと思います。

 

回しやすいデッキだと思うので、最初はそのまま遊んで慣れてきたら好みのカードで改良しても面白いと思います!

きゅーぶ
きゅーぶ
ここまで読んで頂きありがとうございました。どうもCUBEでした。

 

(僕のTwitterはこちら)←気軽に絡んで下さい。

 

【MTG】2020年3~4月に発売する製品、グッズまとめ2020年3月から4月にかけて発売する マジック・ザ:ギャザリングの製品やサプライ(グッズ)はどんなのがあるの? MTGが好...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です