MTG

【MTG】黒のおすすめエンチャントカード『苦花』の3つの魅力

マジック:ザ・ギャザリングの黒色エンチャントカード

「苦花」/「Betterblossom」

このカード、とても魅力的なんです!

どう魅力的かって?

とりあえず、見て下さい!!

ね??

魅力的でしょ???

 

いやいやいや、いきなりカードだけ見せられて魅力的でしょ?

って言われてもよく分かんないって!!

そう思っちゃいますよね?

 

しかし、この「苦花」というカードは本当に良いカードなので知ってもらいたい!

なので今回は、「苦花」の魅力をまとめてみました。

この記事を見た後、あなたも「苦花」が欲しい!!ってなってることでしょう!

4枚も持ってやがる!!ずるい!!

となっていることでしょう!!

 

苦花の魅力その1:イラストが綺麗!

 

苦花の魅力の1つは、なんといってもこのイラストです。

・しっかりと書きこまれたイラスト

・ダークな色合いなのに、とても鮮やかに見える色使い

・淡いように見えて、深いこの独特な雰囲気

挙げたらきりがないですね。

 

とにかく綺麗!彩りあるイラストが特徴的です!!

 

アーティストの「Rebecca Guay」

苦花のイラストを描いたイラストレーターは

「Rebecca Guay」

レベッカ・ゲイは女性アーティストです。

苦花以外にも様々なカードのイラストを担当しています。

 

彼女のMTGで最初に出たイラストのカードは、1996年発売「アライアンス」に収録されている「Kaysa」になります。

きゅーぶ
きゅーぶ
最初のイラストからとても良いですね!

 

この前に剥いた「アライアンス」のパックに入っていたかどうか、思わず確認してしまいました。

【MTG】意志の力が欲しいのでアライアンスのパックを開封してみた「意志の力」が欲しい!! そう思ったことはありませんか? え? 思ったことはない? そんなバカな。 あの「...

 

レベッカ・ゲイのその他の作品はこちらです(すべてではありません)

「蘇生の天使」

「不可思議」

「予報」

「雲の群れ」

 

女性のイラストがとても綺麗で人気が高いです。

しかし女性以外のイラストも、とても雰囲気があって綺麗です!

 

こんなに魅力溢れるイラストを描くレベッカ・ゲイが描いた「苦花」が、良くない訳がないじゃないですか!

 

こればっかりは人それぞれの感性もあるので、好みはあると思います。

ですが、個人的には魅了されるイラストばかりだと思っています。

 

レベッカ・ゲイのイラストのカードが気になる方は、是非コレクションに足を踏み入れてみて下さい!

オンラインだと「シングルスター」さんがアーティスト別で販売しているカテゴリがあります。他のお店でもアーティスト名で検索すれば出るのですが、個人的に見やすかった店舗です。

※その他にも使い易いショップはたくさんあります。あくまでも一例です。

MTGを扱っているオンラインショップをまとめた記事です
MTGを取り扱っている通販サイトまとめ記事マジック:ザ・ギャザリングを取り扱っているオンラインショップをまとめています。どんな店舗かあるか知りたい人におすすめです。...

 

苦花の魅力その2:強い

対戦で使っても強いのが魅力です!

苦花

(1)(黒)

部族 エンチャント — フェアリー

あなたのアップキープの開始時に、あなたは1点のライフを失い、飛行を持つ黒の1/1のフェアリー・ならず者クリーチャー・トークンを1体生成する。

 

パッとテキストを読んだ感じ、とても強いとは思わないかもしれません。

毎ターン1点のライフが、強制的に無くなっていくデメリット。

そのデメリットから発生するのが、1/1という最小クリーチャーです。

正直、何が強いのか??

 

例えば2ターン目に苦花を場に出せたとしましょう。

3ターン目アップキープ開始時に1点減って1/1飛行(黒)が生成されます。

その後3ターン経ったとします。

その時の場のトークンは4体です。

こちらは4点ライフが減っています。

しかし、相手はどうでしょうか?

相手に飛行が展開できていなければ、トークン生成の次ターンに1点ダメージ、その次のターン2点ダメージ、その次のターン3点ダメージ・・・。

こちらは4点減っているのに対して相手は6点減っています。

こちらは毎ターン1点ずつですが、相手は毎ターン点数が増えていくのです。

ダメージレースで競り勝つことが可能になります。

盤面によっては、色々変わることはもちろんあります。ただそれでもアドバンテージは取りやすいこともあり強いと言われていました。

このことから、当時は2ターン目に置かれると何もできずに負けることもよくあった為に、ジョークで2ターンキルがあるとまで言われていたカードになります。

 

ただの1/1だったらここまで注目はされませんでした。

飛行黒色という2点が苦花の評価を高めたのです。

相手に到達や、同じ飛行クリーチャーがいなければ直接プレイヤーにダメージを与えることのできる「飛行」持ち。

さらに黒色のクリーチャートークンということで、「畏怖」の対処もできることが強みです!

畏怖:畏怖を持つクリーチャーは、黒でもアーティファクトでもないクリーチャーによってはブロックされない

 

苦花の強さ2点追記

「苦花」というカード自体は「エンチャント」でクリーチャーではありません。

全体除去呪文を打たれてフェアリートークンが一掃されても立て直しが効くことも強みです。

「神の怒り」!!

 

トークンのクリーチャータイプが「フェアリー・ならず者」ということで、そのタイプによってシナジー(相乗効果)を発生するカードとも相性が良いのも魅力になります。

「呪文づまりのスプライト」は場のフェアリーの数によって効果が強力になるカードです。

 

 

出すだけで強かった「苦花」は当時のスタンダードでトップ環境のカードでした!

さらにそのころにフォーマット「モダン」が公式になって、制定序盤から禁止カードになったカードでもあります。

現在は新カードの参入で、カードバランスも取れているので禁止カードではありません。

きゅーぶ
きゅーぶ
当時は強すぎで、現在は良い感じで強いカードです。ファンの中では根強い人気を誇ります。

 

苦花の魅力その3:色々なイラストがある

苦花は再録可能なカードです。

なので初登場以降、何度か再録されています。

その再録された内、苦花は別イラストを含めると4種類登場しています(2019年12月時点)

まずは、最初に紹介したレベッカ・ゲイのイラストの「苦花」です。

レベッカ・ゲイの描く苦花

 

この「苦花」は、2008年に発売された「モーニングタイド」というエキスパンションで初登場しています。

きゅーぶ
きゅーぶ
未開封製品はめっちゃ高い。欲しいカードをシングル買いする方が良いかも。

 

同じイラストで、2013年に発売された「モダンマスターズ」で再録されました。

 

このイラストの苦花の相場(2019年12月時点の販売相場)

モーニングタイド > モダンマスターズ になります。

モーニングタイド:¥3,000~¥5,000

モダンマスターズ:¥2,500~¥4,500

 

Foil(光っているバージョン)になると相場が高くなります。

モーニングタイド:¥25,000~¥40,000(日本語版)、¥12,000~¥20,000(英語版)

モダンマスターズ:¥4,000~¥8,000(日米同じくらい)

きゅーぶ
きゅーぶ
やはり、初版のFoilは入手が困難なのとコレクターに人気なので高額になっています。

 

初版のFoilは(も)とても良いんです!!!

 

Foilになると、魅力がさらに高まるのが伝わると思います!!

とても綺麗なので、1枚は持っておきたい逸品ですよ!!

 

ジャッジ褒賞の苦花

MTGの大会の認定ジャッジに送られるカードのことをジャッジ褒賞といいます。

このジャッジ褒賞は色々なカードがありますが、その中に苦花もあるのです!

きゅーぶ
きゅーぶ
このイラストも味があって良いですよね!

 

カードショップでの大体の相場は

¥5,000~¥8,000

(2019年12月時点)

 

アルティメットマスターズの苦花

2018年に発売された「アルティメットマスターズ」に苦花が別イラストで再録されました。

きゅーぶ
きゅーぶ
めちゃくちゃ眼力がある苦花です!!

 

色合いや花がとても綺麗に描かれています。

 

このアルティメットマスターズで話題になった「ボックストッパー」。

1BOX購入したら1枚特別仕様(拡張アート)のカードが付いてくるという内容です。

その「ボックストッパー」にも「苦花」が存在します。

 

 

横に拡張されていて、Foil仕様になっています!

特別感がありますね。

 

アルティメットマスターズの苦花の相場は(2019年12月時点)

通常版:¥2,000~¥3,000

Foil:¥5,000~¥8,000

ボックストッパー:¥9,000~¥13,000

 

Seacret Lair の苦花

2019年12月に発売された、海外限定、販売日限定の超限定生産の「Seacret Lair」という商品に「苦花」が収録されていました!

フェアリートークンと一緒にセットになった「苦花」です!

このイラストが話題を呼び、人気商品となりました。

普通に「あ、欲しいわこれ」って思いませんか??

きゅーぶ
きゅーぶ
僕は、思っちゃいました。

 

Seacret Lairのカードをまとめた記事はこちら
【MTG】秘密の隠れ家「SecretLair」の収録カードが魅力的過ぎるのでまとめてみたSecret Lair /秘密の隠れ家(直訳) というセットが期間限定で発売されます。 この...

 

販売価格は海外で 29.99$ です。

日本円にして約3300円くらいになります。

しかし、日本に送る料金(送料)と関税を合わせるとおそらくこの倍の値段にはなると思います。

このことから日本ではさらに貴重なカードとなるので、日本で入手しようとしたら販売元の手間賃も踏まえて約¥10,000くらいの相場にはなるのではないかと思っています。

※もしかしたらもっと値段が高いかもしれません。

 

これであなたも苦花が欲しくなったでしょう(まとめ)

本記事では、「苦花」の魅力について3つにまとめて書かせて頂きました。

・イラストが綺麗

・強い

・イラスト別で4種類存在する

この3つを見て頂いたことで、ショップで「苦花」を無意識のうちに探してしまう病気にかかってしまいましたね(∩´∀`)∩

MTGを取り扱っている通販サイトまとめ記事マジック:ザ・ギャザリングを取り扱っているオンラインショップをまとめています。どんな店舗かあるか知りたい人におすすめです。...
きゅーぶ
きゅーぶ
僕は、ショップの回し者ではないぞ!MTG好きのだたの一般市民や!

 

コレクションでも、対戦でもおすすめのMTGカード「苦花」

 

早くしないと初版はなかなか入手が難しくなってきてますよ!(ふふふ)

 

きゅーぶ
きゅーぶ
ここまで読んで頂きありがとうございました。どうもCUBEでした。

 

(MTGの友達が欲しい僕のTwitterはこちら)←気軽に絡んで下さい。

 

TCGのおすすめカードサプライをまとめた記事
【おすすめ】カードサプライってたくさんあっても困らない素晴らしいアイテムをまとめてみたトレーディングカードゲームの サプライ商品って 無限にあっても全然困らなくないですか??? カ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です