MTG

【MTG】イニストラード真夜中の狩りのコレクターブースターBOX開封結果からの内容まとめ

2021年9月24日に発売したマジック:ザ・ギャザリングのエキスパンション

『イニストラード:真夜中の狩り』

コレクターブースターBOXを購入しました。

 

コレクターブースターパックは1パック定価¥2,420(税込)もする高額な製品です。

BOXは12パック入りで定価がなんと¥29,040(税込)もします。

それがかなり割引されていたので、ポチっとしました。

ちなみに購入した時の価格は¥21,000と約¥8,000引きです。これはお得。

しかし、今ならもっとお得に購入できてしまいます。

おそらくAmazonが最安値かと思います。(2021年9月末時点)

 

この記事では、イニストラード真夜中の狩りのコレクターブースターBOXを実際に開封して、どのような感じでカードが当たるのかまとめていこうと思います。

 

セットブースターBOXについて知りたい方はこちらもオススメ

【MTG】イニストラード真夜中の狩りセットブースターBOXの内容は?開封結果から封入まとめ

【MTG】イニストラード真夜中の狩りセットブースターBOXの内容は?開封結果から封入まとめ2021年9月24日(金)にマジック:ザ・ギャザリングのエキスパンション 『イニストラード:真夜中の狩り』 が発売になります...

 

コレクターブースターは米国製

コレクターブースターの生産は日本語版でも「米国」となっています。

生産が「米国」だと日本製と少しカードの質が違う傾向になります。

米国製のカードは

  • カードの四隅が少しカクカクしている
  • Foilがギラギラしている
  • 少し色が濃かったり、少し違ったりする

などが見受けられます。

日本だと、日本製の方が綺麗な加工、丁寧だということで日本製が人気です。

米国製の良いところは、日本製に比べてFoilが曲がりにくくなっている所です。

湿気や乾燥といった変化により、カードに含まれる水分量で曲がることがあります。

Foilは特にその現象が起きやすいのですが、米国製は曲がりにくい仕様になっています。

 

イニストラード真夜中の狩りのカードで、生産国の違いで気になるポイント

イニストラード真夜中の狩りには特殊デザインとして「永遠の夜」と言われているショーケース版カードが収録されています。

写真左が日本製で、右が米国製の「永遠の夜」ショーケース版カードなのですが、

日本製は紫の枠が少しエンボス加工になっています。しかし、米国製は殆どなっていないといった違いがあります。

この違いはSNSなどでも少し話題になってはいますが、日本製のクオリティが高いためコレクターブースター産より、日本製のセットブースターやドラフトブースター産のカードの方が人気といった傾向になってきています。

 

イニストラード真夜中の狩り コレブ開封結果

1パックから出るカードは15枚です。

  • コモンFoil 4枚
  • アンコモンFoil 2枚
  • 「永遠の夜」基本土地 1枚
  • レアor神話レアFoil 1枚
  • 統率者のレアor神話レア拡張アート 1枚
  • 拡張アートレアor神話レア 1枚
  • ショーケースコモンorアンコモン 2枚
  • ショーケースorボーダーレスレアor神話レア 1枚
  • ショーケースコモンorアンコモンFoil 1枚
  • ショーケースorボーダーレスor拡張アートFoil 1枚

といった割り当てで当たります。

 

コモンFoil 枠

1パック4枚で12パックあるので、48枚のコモンFoilが1BOXで手に入ります。

ここでコモンが4枚も…。

 

アンコモンFoil 枠

アンコモンFoilは1パックで2枚当たります。

12パックあるので24枚のアンコモンFoilがゲットできます。

デルバーとか注目のアンコモンは当たりませんでした!

 

「永遠の夜」基本土地Foil 枠

「永遠の夜」バージョンの基本土地Foilは1パックに1枚です。

合計1BOXで12枚入手できます。

セットブースターBOXでは大体4枚程度なので、コレクターブースターの方が集めやすいです。

 

レアor神話レアFoil 枠

1パックに1枚確定でレアか神話レアのFoilが当たります。

合計で12枚の通常枠レア以上Foilがゲットできます。

ここでは神話レアは12パック中1枚のみでした。神話レアの確率が渋い!

 

統率者のレアor神話レア拡張アート 枠

統率者デッキに収録されているカードの拡張アート版が1パックに1枚当たります。

この枠はレアか神話レアのどちらかが当たります。

12パック中2パックが神話レアでした。

 

拡張アートレアor神話レア 枠

イニストラード真夜中の狩りのレアか神話レアの拡張アート版が、1パックに1枚当たります。

1BOXだと合計12枚入手可能です。

神話レアは12パック中1パックのみでした。やはり渋い。

 

ショーケースコモンorアンコモン 枠

イニストラード真夜中の狩りにはショーケース版は「永遠の夜」デザインと「秋分」デザインの2種類があります。

ここでは「秋分」デザインのコモンかアンコモンが、1パックで合計2枚当たります。

BOXだと24枚の「秋分」デザインのコモンかアンコモンが入手できます。

 

ショーケースorボーダーレスのレアor神話レア 枠

1パックに1枚

  • 「永遠の夜」デザイン
  • 「秋分」デザイン
  • ボーダーレス版

の3種類の内、どれかのレアor神話レアが当たります。

ここは均等に4枚ずつ当たりました。

神話レアは「永遠の夜」でBOX1枚のみでした。

 

ショーケースコモンorアンコモンFoil 枠

「秋分」デザインのコモンかアンコモンのFoilが、1パックに1枚当たります。

合計12枚入手可能。(この枠もレア以上で良いんだけどなぁ)

 

ショーケースorボーダーレスor拡張アートFoil 枠

ここが1パックの中で最大メインの枠です。

しかし、この拡張アートFoilの多さ・・・

12パック中8パックが拡張アートは渋すぎる。

神話レアも12パック中1枚のみでした。

 

個人的な感想ですが、ハズレ感の強いレアの拡張アートFoilは別の枠で当たって欲しいですね。

 

頼む!せめて別のところから当たってくれ!!

 

最後に

イニストラード真夜中の狩りのコレクターブースターを1BOX開封して当たった神話レアは、合計6枚でした。統率者のカードを除くと4枚・・・

これより安価なセットブースターを開封した時の方が枚数が出てるので、なんとも言えない結果となりました。

特殊デザインやFoilを狙うのであればコレクターブースターなのですが、神話レアなど枚数が欲しい場合はセットブースターをオススメしたいかなと思います。

今作のコレクターブースターはBOX価格が、かなり安い値段になっているのであれば剥くのは全然ありですが、定価だと少しキツイ箱です。(個人の感想です)

2021年9月28日時点では¥11,000も減額されているところがあるので、その価格なら楽しめる箱かもしれませんね。

 

きゅーぶ
きゅーぶ
ここまで読んで頂きありがとうございました。どうもCUBEでした。

 

(僕のTwitterはこちら)←気軽に絡んで下さい

POSTED COMMENT

  1. 通りすがりのPW より:

    レンと7番は今トップレアですから悲観するほどの結果ではないと思います。おめでとうございます。
    神話レアの出方を見ていると普通のパックと1BOXから出る枚数が変わらないとなると、そのパック数で3万近くはやはり買いづらいって思っちゃいますね。コレクター向けなので仕方ないかと思いますが。

    • cube より:

      通りすがりのPWさん
      レンと7番は当たってくれてかなり嬉しかったです。ありがとうございます。
      何気に青の神話や食肉のやつも個人的に欲しかったので実は結構当たりでした。

      そうなんですよね。定価は少し厳しいなぁと思ってしまいました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です