MTG

【MTG】基本セット2020が熱い!?まさかのおすすめセットに急上昇

基本セット2020


2019年7月12日に発売されたマジック・ザ:ギャザリングのセットです。

強力なカードが多数収録されていますが、おそらく2019年では一番購入されていないと言えるくらい剥かれてないパックです。

その理由としては、

デッキパーツとしてはどれも優秀ですが、シングル買いで充分だったためです。

パックで当てるより、欲しいカードを買った方が安く済む。

パックの期待値が低かったと言えます。

 

僕も正直、パックはほとんど購入していませんでした。

しかし、

2020年1月24日発売の「テーロス還魂記」のおかげで、「基本セット2020」のパック期待値が急上昇しております!

なので、

今回の記事は、「基本セット2020」も良いよ!っていう内容を書かせて頂きます。

この記事はこんな人におすすめ

・基本セット2020のカードがちょっと気になっている

・テーロス還魂記によって注目されているカードが知りたい

・MTG初心者の方

 

 

テーロス還魂記によって注目されてるカード

テーロス還魂記のカードによって注目されている「基本セット2020」のカードが2種類あります。

「茨の騎兵」と「虚空の力線」です。この2種類以外もあるかもしれませんが、大きく注目されているであろうカードとして見て下さい。

 

茨の騎兵

このカードの急成長っぷりには目を見張るものがあります。

2020年1月17日までの価格推移です。

参考:wisdom guild

このロケット値上がり!!凄いですね。

これは「テーロス還魂記」であるカードが発表されてから高騰が始まりました。

そう、「自然の怒りのタイタン、ウーロ」です。

このカード自体、単体でめちゃ強いのですが「茨の騎兵」との相性が抜群なんです。

ウーロについて書いた記事もあるよ!
【MTG】テーロス還魂記でシミックカラーの巨人クリーチャーが強い!?注目カード!2020年1月24日に発売の「テーロス還魂記」で新カードが発表されました。 シミック(青緑)カラーの巨人クリーチャー 「Ur...

 

茨の騎兵の効果1

茨の騎兵が戦場に出たとき、あなたのライブラリーの一番上からカードを5枚公開する。その中から土地カード1枚を戦場に出し、残りをあなたの墓地に置く。

この効果によって、ウーロの脱出コストを難なく確保できます。

茨の騎兵の効果2

茨の騎兵が死亡したとき、あなたの墓地から他のカード1枚を対象とする。あなたは茨の騎兵を追放してもよい。そうしたなら、対象としたカードをあなたのライブラリーの一番上に置く。

この時、ウーロが墓地にいればデッキに戻すことも可能です。

 

ウーロとのサイクルが確保できて、さらに自身が「到達」持ち5/6の高スペックです。

土地も場に出せるし、緑のトリプルシンボルがあるので「信心」とも相性が良い。

そしてウーロと茨の騎兵が場にいるだけで、6/6と5/6という巨大クリーチャーがいるわけなので弱い訳がありませんよね。

 

シミック系のデッキの勢いが凄いです(;’∀’)

 

というわけで「茨の騎兵」が、「基本セット2020」のパック期待値を上げてくれてます。

きゅーぶ
きゅーぶ
4枚欲しいけどこのシングル価格だったら購入は難しい。そうだ!パックで当てよう!ってなる!

 

虚空の力線

このカードはまだ値上がりを見せていません。

しかし「テーロス還魂記」の脱出効果をほぼ無効にするカードになります。

メタを張れるカードは、おのずと注目されるはずです。

2020年1月17日までの価格推移です。

参考:wisdom guild

この時点では¥1,500くらいの推移ですが、脱出系カードが流行ると値上がりしていくカードだと思っています。

虚空の力線があなたのゲーム開始時の手札にある場合、あなたはそれが戦場に出ている状態でゲームを始めてもよい。
いずれかの領域から対戦相手の墓地にカードが置かれる場合、代わりにそれを追放する。

最初に手札にあったらマナを支払わずに場に出しても良い効果で、極端な話どの色のデッキにも入りうるカードになります。

場にある限り、相手は墓地を肥やすことができないので脱出を封じることができます。

 

「テーロス還魂記」が発売後、値動きがかなり楽しみなカードですね。

これもパックの期待値を上げてくれそうです。

 

その他のカードもおすすめ!

現状では当たりカードとして「茨の騎兵」が挙げられますが、その他のカードもおすすめです。

例えば、「目覚めた猛火、チャンドラ」や「アーク弓のレインジャー、ビビアン」などもパックから出たら当たりカードです。

これら2枚も2020年1月17日時点は販売価格が¥2,000を超える強力なカードです。

フォーマットではスタンダードはもちろんのこと、下環境でも使用されています。

 

その他にも

スタンダード、パイオニアで禁止カードになった「死者の原野」もあるし、「炎の騎兵」「風の騎兵」などポイントで注目されているカードもあって実はおすすめパックでした。

 

基本セット2020(まとめ)

「基本セット2020」が発売されてしばらくは、僕は正直これ塩パックじゃんと思っていました。

しかしMTGは新カードが出る度に、過去のエキスパンションやセットも引き立ててくれますね。

そう考えると「基本セット2020」のカードは安いうちに揃えておくべきでした(-ω-)

後悔しても仕方ないので、僕はたまにパックを剥いてアドを稼いでいこうと思います!

レア以外にも、アンコモンやコモンもかなり良カードが多いので遊ぶ分には剥き得パックですね!

 

きゅーぶ
きゅーぶ
ここまで読んで頂きありがとうございました。どうもCUBEでした。

 

(MTGの友達が欲しい僕のTwitterはこちら)←気軽に絡んで下さい。

 

TCGのおすすめカードサプライをまとめた記事
【おすすめ】カードサプライってたくさんあっても困らない素晴らしいアイテムをまとめてみたトレーディングカードゲームの サプライ商品って 無限にあっても全然困らなくないですか??? カ...

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です