MTG

【MTG】フォーゴトンレルム探訪『統率者デッキ』の新規カードはどんなのがある?

マジック:ザ・ギャザリング、「フォーゴトンレルム探訪」というセットが

2021年7月23日(金)に発売されます。

そのセットの中で、「統率者デッキ」という統率者で遊ぶことを目的とした構築済みデッキも4種類発売になります。

1デッキ:定価¥4,400(税込)

・勇敢なるオーラ

・ドラゴンの怒り

・死のダンジョン

・次元の門

コンセプトの違う4種類のデッキが登場します。

これら、統率者デッキはこの製品限定の新カード数種類(拡張アート版のレア以上はコレクターブースターでも収録)と、再録カードで構築されています。

このデッキに収録される新カードに関しては、フォーマット「統率者、レガシー、ヴィンテージ」で使用可能です。

スタンダード、パイオニア、モダンでは使用できませんので注意が必要です。

再録カードの使用可能フォーマットに関しては、その再録元のフォーマットに依存します。

 

統率者で遊ぶ場合、ある程度必要なカードがまとめてGETできるため、毎回統率者デッキは良い製品かと思います。

 

そして個人的に、新カードはどんなのがあるのか気になるところです。

なので、今回はそれぞれのデッキに入っている新カードを一覧でまとめようと思います。

僕と同じように気になっている方に、何か参考になったら幸いです。

 

フォーゴトンレルム探訪の製品情報はこちらでもまとめていますので、確認用で見て頂けたら嬉しいです

【MTG】フォーゴトン・レルム探訪の製品情報まとめ!2021年7月23日発売

【MTG】フォーゴトン・レルム探訪の製品情報まとめ!2021年7月23日発売2021年7月23日(金)にマジック:ザ・ギャザリングのセット 『フォーゴトン・レルム探訪』が発売になります。 ...

 

統率者って何?ルールはどんなの?という方にはこちらの記事もオススメします

【MTG初心者】統率者って楽しそうだけどルールが良く分からない人向けの記事

【MTG初心者】統率者って楽しそうだけどルールが良く分からない人向けの記事マジック:ザ・ギャザリングの人気フォーマット 『統率者』 僕はSNSなどで、統率者の話題がとても楽しそう!と思いながらプレイ...

 

 

統率者デッキ『勇敢なるオーラ』に収録の新カード

『勇敢なるオーラ』の統率者カードは《希望の焚きつけ屋、ゲイリア》です。

カード効果が「オーラ」や「装備品」に有効になっています。

装備カードに関しては、装備させるのに唱えたあと装備コストも支払う必要があります。

このカードはその装備コストを踏み倒すことができるような効果になっていますね!

デッキコンセプトとしては、このカードを中心としてクリーチャーに装備やオーラをどんどん付けて相手を圧倒していく動きになると思います。

※『勇敢なオーラ』のデッキリストはこちらの公式記事でご確認下さい!

公式:『フォーゴトン・レルム探訪』統率者デッキ デッキリスト

 

『勇敢なオーラ』新規クリーチャーカード

 

『勇敢なオーラ』新規呪文カード

 

統率者デッキ『ドラゴンの怒り』に収録の新カード

『ドラゴンの怒り』の統率者カードは《古き者どもの激怒、ヴロンディス》になります。

ドラゴンを強化したり、ドラゴンを出すコストを減らしたり、ドラゴンを生み出したりして、ドラゴンを中心として攻めていくデッキかと思います。

デッキ内はドラゴンのカードが多く収録されています。

※『ドラゴンの怒り』のデッキリストはこちらの公式記事でご確認下さい!

公式:『フォーゴトン・レルム探訪』統率者デッキ デッキリスト

 

 

『ドラゴンの怒り』新規クリーチャーカードと土地

 

『ドラゴンの怒り』新規呪文カード

 

※《時の剣》は『勇敢なオーラ』にも収録されています。

 

統率者デッキ『死のダンジョン』に収録の新カード

『死のダンジョン』の統率者カードは《隠道のセフリス》です。

クリーチャーを墓地に落とし、ダンジョンを踏破しつつダンジョンの恩恵を受け、墓地に落としたクリーチャーも場に帰ってくるというシナジーを上手く使って盤面をコントロールしていくようなデッキかと思います。

※『死のダンジョン』のデッキリストはこちらの公式記事でご確認下さい!

公式:『フォーゴトン・レルム探訪』統率者デッキ デッキリスト

 

 

『死のダンジョン』新規クリーチャーカード

 

※《クレイ・ゴーレム》は『勇敢なオーラ』にも収録されています。

 

『死のダンジョン』新規呪文カード

 

※《呪文構成要素ポーチ》は『ドラゴンの怒り』にも収録されています。

 

統率者デッキ『次元の門』に収録の新カード

『次元の門』の統率者カードは《秘本に縛られし者、ブロスバー》です。

普通に唱える以外にも別の領域から色々唱えていくスタイルのデッキかと思います。カード追放からの唱えてもよいといった効果のカードが多く収録されています。

別次元から色々出てきちゃうよ!といったちょっと楽しい動きができますね。

※『次元の門』のデッキリストはこちらの公式記事でご確認下さい!

公式:『フォーゴトン・レルム探訪』統率者デッキ デッキリスト

 

『次元の門』新規クリーチャーカードと土地

 

※《アンダーダークの裂け目》は『ドラゴンの怒り』にも収録されています。

 

『次元の門』新規呪文カード

 

※《バックナードの裕福な財布》は『死のダンジョン』、《エボニー・フライ》は『勇敢なオーラ』にも収録されています。

 

最後に

本記事ではフォーゴトンレルム探訪の統率者デッキに収録されている新規カードを一覧まとめにしてみました。

リストを見ながら新規カードはこれだ!といった感じで調べていったので、もしかしたら抜けがあるかもしれません。その場合は申し訳ありません。

 

個人的な簡単なまとめ
強力なエンチャントオーラや装備カードを上手く利用して、強いクリーチャーをたくさん場に!

強化していき一気に倒したい、圧倒したいなら『勇敢なオーラ』がオススメかも!

ドラゴンや巨大なクリーチャーが好き!

それらをどんどん出して、カッコイイ軍団を作り相手をなぎ倒していきたい!

そんな方は『ドラゴンの怒り』がオススメかも!

ダンジョンや、墓地を上手く活用して相手を翻弄したい。

ジワジワ相手を追い詰めていきたい!

そんな方は『死のダンジョン』がオススメかも。

別領域からいきなり色々唱えて、いつの間にか盤面を制覇!

相手のカードも奪ったり、器用にさらに奇妙に立ち回れるデッキ。

相手の意表を突くのが好きなら『次元の門』がオススメかも。

 

 

統率者デッキの新規カードのレア以上の「拡張アート」バージョンは、コレクターブースターパック限定で収録されています。

 

 

きゅーぶ
きゅーぶ
ここまで読んで頂きありがとうございました。どうもCUBEでした。

 

(僕のTwitterはこちら)←気軽に絡んで下さい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です