MTG

【MTG】2020年8月3日緊急禁止改訂が発表!?理由を簡単にまとめてみた

2020年8月3日になんと告知なしの禁止改訂が発表されました。

内容は以下

・スタンダード

《荒野の再生》禁止

《成長のらせん》禁止

《時を解す者、テフェリー》禁止

《大釜の使い魔》禁止

・パイオニア

《真実を覆すもの》禁止

《隠された手、ケシス》禁止

《歩行バリスタ》禁止

《死の国からの脱出》禁止

・ヒストリック

《荒野の再生》一時停止

《時を解す者、テフェリー》一時停止

・ブロール

《時を解す者、テフェリー》禁止

 

それぞれの禁止理由

公式で色々と書かれていましたが、簡単にまとめてみようと思います。

スタンダード禁止理由

《成長のらせん》と《荒野の再生》の入った、主にランプ系のデッキの大会使用率が高すぎるため禁止するとのことです。

現環境で最強のアーキタイプだからメスを入れたそうです。

 

《荒野の再生》と同様にかなり多く使用されていた、猫かまどコンボを中心としたデッキの使用率も高いので《大釜の使い魔》が禁止になります。

 

ハゲは強すぎた。なので禁止(やっとか)

今まで禁止にしなかったのは《荒野の再生》をメインとしたデッキの対策になっていたからとのことです。

《荒野の再生》を禁止したら《時を解す者、テフェリー》の独断となることが懸念されたからまとめて禁止にした感じになります。

 

スタンダードの禁止は、今回の4枚が追加されて合計10枚です。

《裏切りの工作員》

《死者の原野》

《創案の火》

《夏の帳》

《むかしむかし》

《王冠泥棒、オーコ》

《荒野の再生》new!

《成長のらせん》new!

《時を解す者、テフェリー》new!

《大釜の使い魔》new!

これは今までにないほど、多い禁止枚数です。

 

2020年秋(9月下旬あたり)からスタンダードはローテーションされます。(スタン落ちが起こります)

『ゼンディカーの夜明け』が新たに追加され、

・ラヴニカのギルド

・ラヴニカの献身

・灯争大戦

・基本セット2020

の4つがスタンダードで使用できなくなります。

その時のスタンダードの禁止カードは

《創案の火》

《むかしむかし》

《王冠泥棒、オーコ》

《大釜の使い魔》

この4枚になります。

【MTG初心者】2021年スタンダードで使えるセットとエキスパンションをまとめ 2021年4月9日:2020年版から2021年版に更新しました マジック・ザ:ギャザリング(以下、MTG)のフォーマッ...

 

パイオニア禁止理由

ゲーム序盤から中盤あたりに、速攻でゲームが終了してしまうデッキに関わる4枚のカードを禁止!!

《タッサの神託者》や《神秘を操る者、ジェイス》による特殊勝利のキーカードの《真実を覆すもの》が禁止になります。

【MTG】タッサの神託者が注目カードに!ゲーム勝利効果がやはり強いマジック・ザ:ギャザリングで「テーロス還魂記」が発売されて、紙媒体でもそのセットのカードが馴染んできました。 発売前からMTGアリ...

 

おそらく《睡蓮の原野》が入るロータスコンボというデッキに入って暴れているので禁止になりました。

《タッサの神託者》を禁止にすればという流れになっていましたが、結局したところで他にも容易に勝ち筋が作れるため《死の国からの脱出》が選ばれたとのことです。

 

無限コンボが驚異的なため禁止です。

《太陽冠のヘリオッド》とのコンボが強いからBANされました。

【MTG】ヘリオッドがまたヘリカスと呼ばれる日2020年1月24日発売の「テーロス還魂記」で ヘリオッドが収録されています! やりましたね!あのヘリオッドがまた見れるなん...

 

最近現れてきたケシスコンボがヤバイので潰しておきます。とのことです。

上記3枚を禁止したら、ケシスデッキが上位を占める可能性が高いかららしいです。

 

現在のパイオニアの禁止カード

《血染めのぬかるみ》

《溢れかえる岸辺》

《汚染された三角州》

《吹きさらしの荒野》

《樹木茂る山麓》

《守護フェリダー》

《豊穣の力線》

《夏の帳》

《むかしむかし》

《死者の原野》

《密輸人の回転翼機》

《王冠泥棒、オーコ》

《運命のきずな》

《真実を覆すもの》new!

《隠された手、ケシス》new!

《歩行バリスタ》new!

《死の国からの脱出》new!

 

ヒストリック禁止理由

《発展+発破》と《死者の原野》の両方を使った「ティムール再生」がヤバイので《荒野の再生》を禁止します。

普通に強すぎるので《時を解す者。テフェリー》を禁止します。

 

簡単に言ったらこんな感じでした・・・

 

ブロール禁止理由

「やぁ!また会ったね!僕は強すぎるんだ!」

 

ブロールで一番使用されている統率者で、使用率も高いため禁止になります。

 

最後に

この急な禁止改訂の発表方法は今後も検討していくとのことです。

検討なので、決まったわけではないと思います。

ただ、いつ禁止改訂が発表されるか分からないのも考えものですね。

そもそも、こんな感じで禁止カードがポンポン出るのも考えものですが・・・。

スタンダードより下のフォーマットの禁止はまだ仕方がない部分はあるのですが、スタンダードでここまで禁止が出ると、新規参入者が特に戸惑うと思います。

期間が決まっているフォーマットで頻繁に禁止が出ることは、問題視すべき点だろうなと。

テフェリーはあと2ヵ月だったのに許されなかったんですね。これは出来る限り禁止を増やしたくなかった為という感じとも取れますが・・。

どんどん新しいカードをデザインすることは、商売を成立するためのいわゆる目玉を作ること、さらに対戦のバランスを考えること、などなど色々と難しいことが多いんだろうなぁと最近のカードを見たら感じています。

あまり色々書くのもあれなので、ウィザーズさん頑張って!!

 

・ソース

2020年8月3日禁止改訂 MTG公式記事

 

きゅーぶ
きゅーぶ
ここまで読んで頂きありがとうございました。どうもCUBEでした。

 

(僕のTwitterはこちら)←気軽に絡んで下さい。

TCGのコレクションやカードの維持におすすめのカードサプライをまとめた記事
【おすすめ】カードサプライ たくさんあっても困らない素晴らしいアイテムまとめトレーディングカードゲームの サプライ商品って 無限にあっても全然困らなくないですか??? カ...

POSTED COMMENT

  1. Unu より:

    復帰したばかりの初心者的感想だと他3枚はゲームをつまんなくしてたからわかるけど成長のらせんの禁止はよくわからない。

    そんなにパワーカードとは思えないし使用率が高ければ禁止になるなら毎シーズン禁止改定が行われるということなのかな。

    ミラディンやジェイスがスタンダードだった時は大げさに謝ってたような気がしましたけど最近は平気で禁止カード出すんですね。。

  2. Duo より:

    丁寧なまとめ記事感謝です。

    発売当初からずっと暴れていてコミュニティで禁止しろと言われてきたカードを今更の潰してきた事に個人的には不信感がかなり高まりました。
    商売として売り抜いた後に禁止にしてきたのではと勘ぐってしまいました…

    18年間MtGをやってきましたが情報だけ追いつつカードの購入や大会参加はしばらくやめようと思います。

    長文失礼しました。

    • cube より:

      Duo さん
      禁止すること自体はゲームのバランスを考えてのことだと割り切れますが、問題はタイミングですよね。
      「商売として売り抜いた後に禁止」なるほど・・・そう捉えても仕方ないタイミングかなと思います。

      18年(>_<)また楽しめる気持ちになったら帰ってきてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です