MTG投資

トレーディングカード投資に興味があるなら株式投資の方がオススメ!株の始め方

僕のブログは趣味でコレクションしたり、プレイしたりしているトレーディングカードゲームの記事がメインとなっています。

このブログの内容の中には、トレーディングカード投資といったカテゴリも存在します。

ただ、このカテゴリはトレーディングカードゲームの売買で儲けよう!といった内容ではなく、あくまでも

・世の中には凄い価値が付くカードがある

・コレクションの延長線上の楽しみ方がある

といった内容に、まとめるとなっています。

トレーディングカードの「魅力の1つ」の資産価値も、コレクションを楽しむ上で知って欲しい。よりそのカードが好きになって欲しいと思って基本的に書いています。

ここで、トレーディングカードを「儲かるコンテンツ!お金儲けの手段」という「お金」に見えている場合は

僕は株式投資をオススメしたいです。

そっちの方が、稼ぐことは可能だと思います。

というか、そもそもマジック:ザ・ギャザリングのパワー9や再録禁止カードを購入してしている方や他のTCGの超高額カードを購入している方は、その前から株などの資産運用で成功している方が多いと思います。

もしそれでも、TCG投資をやるのであれば、まずは株式投資などで稼げるようになってからが絶対良いでしょう。

 

TCG投資をオススメしない理由と株式投資をオススメする理由

・TCGはそれ自体を保管しておかなればならない

・TCGはすぐに売れないが、株はTCGに比べるとすぐに売れる

・価値のあるカードは偽物が多いが、株は偽物がない(ネット取引)

・同じカードでも状態によって価値が変わるが、株は状態など気にしない

・そもそもTCGは趣味

TCGはそれ自体を保管しておかなればならない

超高額なカードで常に右肩上がりのものを購入すれば、利益を得られる可能性はグンと伸びますが、それだけの元金があるのであれば株式投資の方が良いと感じます。(TCGコレクターのようにTCGが好きな人は別)

超高額なカードは

・そのカードを保管しておかなければならない

・盗難や火災などのリスク管理

などが必須です。

そのカードが値上がり、売りに出そうと思う日までしっかり保管して置かなればいけません。

その間には、盗難のリスク、火災のリスクなど保管することよっておこるリスクも一緒に付いてまわります。

それに対して株は今やネットで取引できるようになっているため、保管リスクがTCGより格段に減ります。

 

TCGはすぐに売れないが、株はTCGに比べるとすぐに売ることができる

例えば、持っているカードの価値が上がったから売ろう!となってもすぐにポンポンと売れません。

お店に持って行って全部売るのであれば簡単ですが、お店だと

・買取価格のブレでそこまで高くならない

・枚数制限がある可能性がある

といったことから、自分が思っていた利益にはなりにくいです。

さらに利益を出そうと思ったら、それなりの枚数を購入しておかなればいけません。

枚数を売るのであれば、フリマサイトなどで出品するという手があります。

しかし、枚数があると全部捌くのにも時間がかかります。

さらに多くの同名カードの出品と重なるため、徐々に価格も下げなければならないといった状況にもなります。

TCG投資は売るまでが大変なのです。

これは株を売る時のリスクの1つ「流動性リスク」というのが、TCGに当てはめるとさらに大きくなるという話です。

「流動性リスク」を簡単に説明すると、売買をする時に価格が大きく変動してしまうリスクのことを指します。

それに比べ、株は成り行き注文という方法を取れば、人気株はすぐに売ることも可能ですし、損切りも素早く行うことができます。TCGに比べ時差が少ない分、利益確定が早く行えるのです。

 

価値のあるカードは偽物が多いが、株は偽物がない

さらに値上がると思って、わりと高額なカードを購入しても「偽物」の可能性があります。

基本的に昔のカードほど偽物が多いですし、価値が上がるカードも基本的に昔のカードが多いです。

例えば、MTGのデュアルランドなど

2021年1月時点で人気のあるデュアルランドは1枚10万円くらいになります。

これはとても偽物が多く、素人目では分からないパターンのものも多く存在します。

せっかく10万円も使って購入したカードが偽物だったらその時点で、投資失敗です。

そのカードに対する知識、さらに偽物を判別する方法を知っておかなければスタートラインに立てません。

 

それに比べ、株は最近ではネット取引が主流となり、偽物を掴むという心配がなくなりました。

これは偽物なのかどうかなどといった、余計なリスクを考えずに取引きが可能です。

 

同じカードでも状態によって価値が変わるが、株は状態など気にしない

トレーディングカードゲームはゲームなので、もちろん遊ぶために作られています。

なので、カードは遊ぶ目的で使用するため状態が悪くなるものも多いです。

最近は保護アイテムが豊富に出ているので、そこまでひどくはなりませんが、高騰と騒がれているカードはほとんどが昔のカードになります。

昔は保護アイテムなどそこまで普及していなかったため、状態が悪いものが多いです。

なので、同じカードなのに状態が良いのと悪いのとでは、値段がかなり変わってきます。

そして、良いものは中々数も少なく入手が困難です。

 

TCGを株に置き換えると同じ株券なのに、その中で価値が変わってくるといったわけの分からない現象になります。

それに比べ、実際の株は状態などないので価値はその銘柄に依存します。

 

そもそもTCGは趣味

遊べてさらに株のように運用できると聞こえは良いですが、そもそも趣味カテゴリです。

・カードゲームとして楽しむ

・コレクションとして楽しむ

といった娯楽用品としての使い方が主になります。

そこで、

・株券のようだからこのカードを買い占めてしまおう

・フリマサイトで価格を高くしていき値段の吊り上げをしよう

といった利益目的だけの行為に出ると、本当に遊ぶ目的で欲しい人に中々渡らなくなります。

そうなるとユーザー離れにも繋がり、そのTCG自体の価値も落とすようになってしまいます。

そして売れなくなったカード、さらに利益目的メインで買っているのでその人にとって興味のないカードなのに捌くことができなくなり、どこの目線から見ても良いことが1つもありません。

 

TCGはそもそも趣味のカテゴリと念頭に置いておくことが大事です。

 

なので、上記をまとめると

・保管リスク

・偽物のリスク

・流動性リスク

・状態のリスク

・TCG人気の低下リスク

などたくさんのリスクがあるのに、実際には大きく稼ぐことは難しいTCG投資をするよりかは、それらのリスクを考えなくていい株式投資をする方が賢いと僕は思います。

 

そんなこと言っても株式投資を始めるのは難しそう

TCG投資より株式投資がオススメと言われても、始め方が難しそうだし損する可能性が高そうだし・・・強いて言えば銘柄とか勉強するのも大変だし。

そんな風に思って牽制している方も多いかもしれません。

 

実際は

・株式投資を始めるのは簡単

・損するリスクはTCG投資よりかは低い

・TCG投資をする時の考え方と株式投資は、思考傾向は似ている

といった内容になります。

意外と気負いすることもなく、そもそもTCG投資やってみようかな?と思っていた人ならすぐに飛び込める世界かと思います。

 

株式投資で元金がマイナスになるリスク

株は元金割れしたりして借金とかも怖いのでは?

といった不安やイメージが最初はあるかと思います。

元金が割れる(マイナスになる)場合があるのは

・信用取引をした場合

元金が0になる場合があるのは

・購入した株の会社が倒産した場合

ということが挙げれます。

信用取引というのは、簡単に説明すると元金を担保に預けて、その何倍もの資金を「借りる」方法です。

これで株取引が上手くいけば自分の元金よりも多くの利益が得られる反面、失敗してしまうと借金を背負うはめになります。

基本的に信用取引はせず、自分の元金で株を購入していれば元金割れすることはないので、借金等の心配はありません。

あとは、保有している株の会社が倒産してしまえば、その株は無価値になります。

これはマイナスにはなりませんが、0になってしまうリスクがあります。

 

株の始め方

①証券会社を選び、株用の口座を開設する

②株を買う

③株を売る

①証券会社を選び、株用の口座を開設する

株を始めるには証券会社を選んで口座を開設する必要があります。

口座開設で必要な書類は下記になります。

・本人確認書類(運転免許証など)

・マイナンバー

 

個人的に初心者でもオススメの証券会社は

SBI証券

かと思います。

SBI証券をオススメするポイント

・口座開設数が業界No.1

・口座開設料金・管理費が「無料」

・業界最低水準の手数料

使っている人も多く、満足度も高い、さらには開設費が無料なので開設後やっぱりやめてもダメージが少ない。株取引の手数料も安いといった、安心の証券会社かと思います。

さらにSBI証券会社と共同で設立した会社ネクシィーズトレードを仲介して口座開設すると、

ネット証券がはじめての方、ネットの操作が不慣れな方向けに、専用のサポート窓口を設け、口座開設からお取引までがスムーズにできるよう電話にてサポートしてもらえます。

 

②株を買う

登録した証券会社の口座に入金すると、実際に株を購入することが可能になります。

これから値上がりそうな株を予想して買ったり、身近な会社の株を買ったり、知っている会社の株を買ったりしてみましょう。

最初は5万円~10万円辺りの元金から始めて、株の売買に慣れていった方が良いです。

購入方法は基本的には2種類あります。

・成行注文

・指値注文

これらの注文方法を簡単に説明すると、

「成行注文」とはリアルタイムの株価で購入する方法

「指値注文」とはこの価格になったら購入するといった、自分で値段を決めてその値段になったら買うといった方法

といったような内容になります。

基本的には「成行注文」で購入することが多くなると思います。

 

③株を売る

購入した株は、購入した時と同じように売却することができます。

・成行注文でリアルタイムの株価で売却

・指値注文で自分の決めた値段になったら売却

といった感じです。

指値注文はその値段にならないと売れないので、そのままどんどん下がってしまうリスクもあります。

なので、損切りが遅くなり損益が大きく膨れ上がる場合もある売り方です。

基本的には株価を確認して、リアルタイムで売却する成行注文が最初は良いと思います。

 

損するリスクはTCG投資の方が高い

最近の高騰しているTCGが株券のようだと言われるのは、

・安い時に購入して高騰したタイミングで売却すれば利益になる

といった株式投資と同様の利益の出し方「キャピタルゲイン」ができるからです。

「キャピタルゲイン」:売買によって得られる利益のこと

しかし、これは上記のTCG投資をオススメしない理由で挙げた内容を考えると、

・保管リスク

・偽物のリスク

・流動性リスク

・状態のリスク

・TCG人気の低下リスク

TCG投資の方が損するリスクはむしろ高いです。

 

なので同じ5万円も10万円もするカードを買うよりかは、株価¥1,000の株を100株買った方が安定すると思います。

株は1株単位では買えなく、100株単位での購入が一般的

 

TCG投資をする時の考え方と株式投資は、思考傾向は似ている

株を購入する時の基本的なポイントとして

・成長株を購入する

・割安株を購入する

といったことが挙げれます。

これはTCGを買う時に考えるポイントに似ています。

・今後需要があり人気が出そうな(出ている)カードを買う

・最安値を見極めて買う

そう!考え方が似ているのであればTCGの方が稼げないので、株式投資の方を頑張った方が利益を上げやすいです!

稼ぐことが一番にくるのであれば、やはりTCG投資より株式投資ですね。

 

 

最後に

トレーディングカードゲームの魅力の1つとして、確かに値上がりといった部分もあります。

しかし、それだけをピックアップしてカードを買うのは正直なところ遊び方を間違えているように感じます。

しかも、そこまでの利益にもならないですし、管理も大変。

それなら同じ投資をするなら、株式投資を始めてみることをオススメします!

考え方自体は、TCG情報が社会情報に変わっただけです!値上がりを楽しみたい、それによって利益を出したいのであればやはり株式投資かなと思います。

 

それでもTCG投資をやりたい!という方はこちらの記事も合わせて見て頂けると幸いです。

【MTG】マジック:ザ・ギャザリングと投資の考え方について

【MTG】マジック:ザ・ギャザリングと投資の考え方についてマジック:ザ・ギャザリングと投資の関係についての内容になります。MTGで投資をするなら、どの方法がおすすめなのか、どんな考え方でやったら良いのか書いてますので参考にして頂けたらと思います。...

 

 

株式投資を始めてみたい方はまずは口座開設から!
きゅーぶ
きゅーぶ
ここまで読んで頂きありがとうございました。どうもCUBEでした。

 

(僕のTwitterはこちら)←気軽に絡んで下さい。

POSTED COMMENT

  1. 十月 より:

    遊べる株券と言われれているMTGは自分が買った時やパック開封して眠っていた大量のコモンアンコモンが値上がりすると嬉しいものですね、その値上がりピークに売るかどうかは別としましてw

    通りすがりのPWさんが書いてる通りに再録禁止問題はMTGが終了するまで永遠に付きまとう問題ですね・・・。無さそうとは思いますが、もし仮にP9や再録禁止カード達が再録された場合、骨董的美術的価値が付きつつあるP9やアルファ、ベータのデュアランはそれほど値崩れしなさそうですが、白枠デュアランやヨーグモスの意志、適者生存、裏切り者の都、直観、魔の魅惑とかいった現状で1万前後~3万辺りしてるカード群はそこそこに落ちてしまいそうですかなぁと個人的には思ってます。
    新規参入や既にレガシーやっていたとしても新しくカードを購入したい側としてはヴィンテはもう大富豪の遊戯と割り切るとしても、レガシーをプレイしたくても高額すぎるので再録して現状よりは求めやすい価格に落ち着いてほしい。高額な時期に購入したレガシープレイ勢は禁止撤廃の値下がりは面白く無い事ですしショップ側としては商売として株の大暴落みたいな事が起きるのは当然起きて欲しくない。見事に意見が真っ二つに分かれるジレンマ状態ですねぇ・・・。

    株式の方は遊びという面が一切なく優待、配当金、差額の利益等、金銭面に直結するので似て非なる点が面白いですね。ただ株式の方は過去にあったリーマンショック等や昨年の4月頃のコロナの影響による市場の大暴落とかあると、大量の株保有はかなり肝が冷えてしまいますけども・・・。

    • cube より:

      十月さん
      そうですねー!自分のコレクションが値上がりすること自体は嬉しいことなんですよね。僕も嬉しいです(笑)

      リーマンショックなどの暴落等もリスクとしてはありますが、TCGに比べたらって感じかなーと思います。
      禁止改訂でドーンと下がることもありますし、まさかの再録禁止撤廃とか・・この記事に書いてあるリスク+になってしまいますので(;´Д`)

  2. 通りすがりのPW より:

    株式投資としては、お金を稼ぐという点もありますが、もう一つ別の目線としては、配当金や株主配当目当てで株を購入するというものがありますね。
    こちらをメインにする場合はそこまで株価に注視する必要はないですが、それでも企業行政に直結する部分ではあるので、企業動向を気にする必要はありますが。

    MTGは…再録禁止を取っ払って欲しいというのがユーザの願いでしょう。これのせいでMO以外ではエターナル参入は現状ほぼ不可能というぐらいな障壁になってますからね…。が、ショップ側は再録禁止はある種の生命線でもありますからね。難しい問題です。

    • cube より:

      通りすがりのPWさん
      そうですね!株主優待や配当金とTCGにはないポイントもありますよね。
      「お金を稼ぐ」「金銭的なアド」を取りたくてTCGに行くのであれば株の方が良いですよーという感じです。

      再録禁止等の話をすると、この記事とは別の方向性になりそうなのでここら辺で(>_<)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です