カードサプライ

【マグネティックCARD CASEレビュー】トレーディングカードの保護にオススメのサプライ

海外に、トレーディングカードゲームやコレクションカードなどに使用するサプライを製造、販売している『UltimateGuard』(アルティメットガード)という会社があります。

その会社が販売を開始した

「MAGNETIC CARD CASE / マグネティックカードケース」

を購入しましたので、どんな感じなのかご紹介致します。

製品名 マグネティックカードケース(MAGNETIC CARD CASE)
希望小売価格 2.2ユーロ(約¥276)
種類 35pt~360pt
発売元 アルティメットガード社(ultimate guard)
販売元サイトURL https://ultimateguard.com/en/

製品説明記載文

・magnet closure

カバーを閉じる方法は磁石を使用

・UV protection

UVカット加工

・Recessed corners to protect the card’s corners

カードの角を保護。くぼんだ角になっている

・Highly transparent

透明度が高い

・Acid free

毒成分(酸?)は含みません

この製品は、以前から登場している「ウルトラプロ」のワンタッチマグネットホルダーとかなり類似しています。

今回は、そのウルトラプロ製と少し比較しながらのレビューとなります。

OneTouchマグネットホルダーレビュー!手軽に大事なカードをコレクション

OneTouchマグネットホルダーレビュー!手軽に大事なカードをコレクショントレーディングカードゲームをしていると、対戦も楽しいですが素敵なカードばかりなのでコレクションにも熱が入ります。 コレクションする...

 

アルティメットガード マグネティックカードケースの外観

袋から出してみると写真のような感じです。

僕が購入したのは「35pt」になります。

この「pt」とはカードを入れる溝の厚みの単位です(厳密に言えば紙の厚み)

「pt」が大きくなるほど厚みが大きくなります。

1pt=約0.35㎜ くらいです。

トレーディングカードを「1枚」収納するのであれば

35pt、55pt、75pt をオススメします。

 

ウルトラプロと外観を比較

写真の右がウルトラプロの35ptで、左がアルティメットガードの35ptになります。

正面から見たサイズ感はほぼ一緒です。

パッと見た感じ、どっちがどっちか分からないです。

ケース自体の厚みもほぼ一緒ですね。

これをやってて気づいたのですが、

アルティメットガードとウルトラプロの磁石、プラスマイナスが逆になっています。

なので同じ向きで重ねることができません。

表裏表裏と重ねることはできるので収納には問題ないと思いますが、向きは揃えていないと嫌!という方は、どちらかで揃えることをオススメします。

あとは、若干の違いなのですが、縁のきめ細やかさと、コーナーの違いですね。

縁のつぶつぶしている感じがウルトラプロの方が多いです。

コーナーはウルトラプロは角が少し丸く、アルティメットガードが四角です。

しかし、これはカードに直接当たるところではないので特に関係はないと思います。

 

マグネティックケースにカードを収納してみた

左がアルティメットガード、右がウルトラプロです。

ノースリーブで収納しています。

見た感じ、透明度はほぼ一緒に見えます。

強いて言うとアルティメットガードの方が明るく見えるなぁと思いますが、この感覚は個人差がありそうなところです。

マグネティックケースにカードを収納する方法

カードの収納方法ですが、まずマグネットを外します。

このくっついている強度はウルトラプロより強いです。

落としたりしても、ウルトラプロよりパカッと開く確率が低いと思います。

下部の凹凸部分を取り外します。

あとは溝がある方に保護したいカードを置きます。

ノースリーブでマジック:ザ・ギャザリングやポケモンカードのサイズだったらこれくらいの隙間ができます。

試しに少しサイズの小さい遊戯王カードも乗せてみました。

隙間はこんな感じです。

MTGやポケモンカードのサイズだとあまり気になりませんが、遊戯王サイズだと動かした際、カタカタとカードも動いてしまいます。

なのでスリーブと合わせて使用するとより良いです。

マグネティックカードケースに収納できるスリーブ

スリーブサイズで

64㎜×89㎜ 以下

このサイズまでのスリーブだと収納可能です。

 

スリーブインで収納するとこのように、ほぼ隙間がなくなります。この写真のはKMCのパーフェクトサイズを使用しています。

MTGやポケモンカードより小さいサイズのカードもスリーブに入れると、固定されるためカタカタ動かなくなります。

この写真のは168スリーブを使用しています。

 

このタイプのケース専用のバインダーにも収納可能

マグネットホルダー専用のバインダーがあるのですが、アルティメットガードはウルトラプロと同じサイズだったため、このバインダーにも収納可能でした。

このバインダーの詳細はこちらの記事がオススメ

【マグネットローダー用カードファイルレビュー】マグホでTCGコレクションしている人にオススメ

【マグネットローダー用カードファイルレビュー】マグホでTCGコレクションしている人にオススメトレーディングカードをコレクションしていると、サプライ製品もバンバン買ってしまいます。 最近は良いアイテムに対して、それと合わせる...

 

色々な簡易カードケース

今回のマグネティックカードケースのように

・簡単にカードを保護できる

・しっかりとした素材

・UVカット加工

といった大事なカードコレクションを保護できるカードケースは、これと合わせて数種類登場しています。

こちらでは、どんなのがあるかご紹介します。

アルティメットガード社製

今回登場したケースですね!

ウルトラプロ製

今までのお馴染みのマグネットケースです。

おもちゃの神様製

こちらもウルトラプロと性能はほぼ一緒のマグネットケースになります。

河島製作所製

マグネット式ではありませんが、とても簡易的なカードケースです。UVカット加工もあり値段も安価なためかなり重宝するアイテムです。

【フルプロテクトスリーブ】TCGコレクターにおすすめアイテム、大事なカードを完全ガード

【フルプロテクトスリーブ】TCGコレクターにおすすめアイテム、大事なカードを完全ガードどうも、トレーディングカードをコレクションすることに夢中なCUBEです! トレーディングカードを集めるのって楽しいですよね! ...

 

 

まとめ

・定価はウルトラプロより安い

・外観はウルトラプロとほぼ一緒

・透明度は若干アルティメットガードが上?(ほぼ一緒)

・スリーブは「64㎜×89㎜」まで収納可能

・マグネットローダー用カードファイルにも収納可能

総合的に見たら、価格面でアルティメットガードで良いかなとなりそうです。

ただ、定価で売られていた場合になります。

機能面ではほぼ変わらないので、その時の値段でどちらを買うか決めても良いと思います。

SNSで何度か見た内容で、ウルトラプロは初期傷が多かったけどアルティメットガードはそうでもないという情報もあります。

 

個人的にはウルトラプロ、アルティメットガード関わらず、トレーディングカードやコレクションカードの保護アイテムとしてはかなりオススメできる製品でしょう!

 

きゅーぶ
きゅーぶ
ここまで読んで頂きありがとうございました。どうもCUBEでした。

 

(僕のTwitterはこちら)←気軽に絡んで下さい。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です